« 父子ドラマとしてのクライマーズ・ハイ | トップページ | 鹿島サポ視点アウォーズ »

2005年12月19日 (月)

悲喜こもごも

世間とはどうも遅れ気味ですが、いくつかネタを。

■ 嬉しいニュース その1

  あやかちゃんの移植手術が無事終了したそうですね。ホント、良かった~・・

  手術後の笑顔の写真を見てほっとしました。

  日本に無事帰国し、いつの日かご両親達とカシマスタに来られるようになる日を

  願わずにはいられません。

                                                      

■ 嬉しいニュース その2

  戦前の予想を覆しサンパウロの優勝。

  トヨタカップはここのところずーっと南米は歩が悪かったので、ブラジルびいきと

  しては素直に嬉しかったです。

  ミネイロの飛び出しからの殊勲のゴールだけじゃなく運動量が素晴らしい。

  リカちゃんを切った今一番欲しいタイプのはずなのにね。

  #イナなんていらないよ(ぼそ)。

    まして出て行ったサウスポーボランチを呼び戻すなんて、ウチらの神経逆なで

    しとんのかぁーー、そんなことではSOCIO更新しな(以下略) 

  シシーニョのクロスやアモローゾの動き・巧さにもはあはあでした。

  昨晩もセレーゾは観戦してたんでしょうか?

  ジェラードのあんなに焦った顔は意外でした。

  オフサイド判定は・・テレビじゃわからん。悔い残る試合になってしまったかな。

                                                      

■ 悲しいいニュース その1

  オリックス前監督の仰木さん突然の訃報。

  これにはもう驚くやら悲しいやら・・・。

  元近鉄ファンとしては、仰木さんは80年代末期~90年代前半の猛牛打線、

  豪快野球の象徴のような方でしたからね。

  急なことで関西で取材できなかったとはいえ、ロッテ選手や佐々木・元木の

  コメントなんてわたしゃ聞きたくもないよなあ。    

  イチローはもちろんだろうけど、野茂をはじめ近鉄OBらの思いはいかばかりか。

  西本さんもお元気でいらっしゃいますかね・・・。

                                                        

■ 悲しいいニュース その2

  今さらですが、フロンタ公式でのアウグストの退団インタビューは泣けますね。

  フロンタサポだけでなく鹿島サポをも最後まで思っていてくれて・・・。

  あんなに楽しくて面白く熱いオヤジは、今後もそうそうは出てこないでしょうね。 

  アウグというと、2002年天皇杯準決勝ジェフ戦ロスタイムの決勝点を読んだ

  あの走りこみを思い出します。決勝で京都に負けて我々も泣きながらアウグ・

  フェルにさよならした記憶があります。

  二度と会えないわけではないでしょうけど、もうおんぶが見られないと思うと・・。 

  ぜひ40歳過ぎても現役で頑張ってほしい。(フツーにやってそうだよね、彼なら)

                                                         

まずはこんなところかな。

今週末の仙台は厳寒でしょうか。

大宮からの新幹線はアルディサポと呉越同州なんでしょうね。

#赤い人達じゃないから(爆)私もフレンドリーでいられそう。

昼も夜も牛タン食べまくって寒さをぶっ飛ばしましょう。もちろん勝ってかえるぞ。

|

« 父子ドラマとしてのクライマーズ・ハイ | トップページ | 鹿島サポ視点アウォーズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/7697372

この記事へのトラックバック一覧です: 悲喜こもごも:

« 父子ドラマとしてのクライマーズ・ハイ | トップページ | 鹿島サポ視点アウォーズ »