« 鹿島サポ視点アウォーズ | トップページ | デザイン一新 »

2005年12月27日 (火)

3日が経過

雪の仙台での敗戦から3日。
まだ事実を受け入れられないでいます。なかった事にしてしまいたいくらい(爆)。
今年こそは決勝まで行くつもりでいたので、仙台での敗戦は堪えましたねえ。
#あの負けっぷりに納得いかずSOCIO更新申込を躊躇してたら締切過ぎてしまい
 ましたよー(結局申し込んだけどネ)
ネットも(新聞・雑誌)も仲間・鹿島系どころか全て情報を遮断しているので鹿島
サポがどんな思いでいるか知らないのですが、そろそろチェックした方がよいかなあ。

この3日間、例の怪奇大家族DVD(^^;)が届いたのでひたすら高橋一生君に癒され
まくってました。
リアクションだけじゃなく台詞もリアルティあるし、お馬鹿もやってあれだけ笑わせて
くれて、ホント才能ある俳優だと思う。
クライマーズ・ハイは寡黙で真っ直ぐ、爽やかな印象。
相棒の時は淡々としているようで実は悪に魅入られ狂っていく。
半落ち・IWGP・スゥイングガールズ・セカチュウ(映画)等々未見が多いから
しばらくは追っかけて見られる(^^)。

クドカン似とも思えるけど、下田@広島の若い頃にも似てるような気がする。
うーん、タイプですわ(一昨年機内で見たGパン姿の下ちゃんは素敵でしたヨ)。

それはおいといて。
24日、仙台駅西口付近の利久で牛舌・ビールで気炎をあげようにもどうにもしょぼん。
「このまま酔って眠って眼が醒めたら3月開幕だったらいいねー」
なんて言いあって慰めるしかなかったのでした。

新幹線ホームでは選手達に遭遇。
もともと負け試合では会いたくないクチ。
まして今シーズン最後の試合を全力出したとは思えない戦いをした選手達の顔を
見ると腹がたってきて。特に某選手、某選手・・

もともと応援していたチームなだけでなく客観的に見て大宮はよくやったと思う。
失礼ながらあのメンツで鹿島より良いサッカーをしていた。
やることは徹底してたし、それに戦術云々だけでなく大宮の選手の方がうまく見えた。

そう。
鹿島の選手達、自分達は決してうまくないという自覚を忘れてないかい?
受ける相手に通じないパスなんて試合中は意味無いんだよ >某選手。

よくも悪くも、いえ悪い形でのセレーゾサッカー集大成だったと思う。
先週のサカダイインタビューでもわかるようにセレーゾは極端にパスミスを恐れる。
日頃から選手達に「つまらないミスをするな」と口をすっぱくして言っている。
その結果、選手達に確実に足元でボールをつながせる。
選手達もミスを恐れて着実にパスを渡そうと考えながらパスをしている。
その結果判断が遅れテンポののろいサッカーで相手がボールを奪いやすい。
皮肉な話だけどこれが現実でしょうね。
そしてミスするかもの思いからなのか、ライン際のボールを追わない。
大宮戦の青木・拓也なんて最たるものだった。
この試合であまり出来は良くはなかった深井が、それでも前からボールを追い続け
スキを狙おうとする姿が相手に一番の脅威になっていたことを他の選手はわかって
いるのだろうか?
深井が負傷で交代しなければもう少し局面が変わった気もするのだけど。


次期監督はヒロミのように「ミスを恐れるな」と言ってくれる監督を渇望します。
#ヒロミでもいいんだけど(笑)。
監督が変わっても今と同じようなサッカーしかできなかったら、ヴェルディのように
なってしまうのが見えている。そんな危機感を忘れずにいてほしい。
パス&ゴー、ヒトもボールも動き攻撃の形が見えるサッカーを目指すチャンスなのだ
から。


----というようなことを含めSOCIO更新申込書にはいろいろと書きました。
フロント、わかってくれるんでしょうか・・?

もう少し沈殿して日を置いてからまた、今年の鹿島を振返れればと思てます。

|

« 鹿島サポ視点アウォーズ | トップページ | デザイン一新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/7848159

この記事へのトラックバック一覧です: 3日が経過:

« 鹿島サポ視点アウォーズ | トップページ | デザイン一新 »