« サッカー・涙 あれ? | トップページ | 父子ドラマとしてのクライマーズ・ハイ »

2005年12月16日 (金)

寒空のトヨタカップジャパン

先日のサハラカップ観戦@CHですっかり風邪を引いてしまったようです。

(大分戦後ユース3年生達と某所で遭遇した時は元気になったんだけど、泊まった某ホテル室内が冷えてそれでやられた模様・・・)

                                                       

世間では、寒波到来の中でトヨタカップJAPANが開催中ですね。

第一次販売時にリバプールの準決勝戦は購入済だったんだけど10月に届いたチケ

(カテ3)を紛失してしまい、それではとサンパウロの順決勝戦を購入。

でも風邪引きでこの試合はテレビ観戦。アモローゾの活躍にFC東京への羨望が・・。

そうしたところ、知合いから急遽リバプール戦のチケ(カテ1)を安く入手でき、

昨日完全防備で会社帰りに観戦してきました。

鹿島仲間で(豊田スタ含め)トヨタ杯全試合観戦予定の猛者氏と一緒に、バック

スタンド最後段で観戦。

横国にしてはわりと見やすかったけど、そこはしょせん風邪引き。

ぼぉーーっとジェラード・クラウチ・シシェらを目で追う。

なんというか、パスが正確で前へ出す判断も早いし、とにかく皆スピードある。

鹿島の1.5倍速はあるんじゃないのぉ?

サイドアタックも的確、クロスもどんぴしゃ。あれならクラウチ君も決められるよね。

3ゴールともダイレクトボレーだったのに感嘆する。

ジェラードも存在感抜群。やっぱり良い選手ですねえ。

それと、4バック・中盤とラインが綺麗に揃ってる。堅守だし、GKもタコ踊りデュデク

(笑)ではなかったからかフィードが正確でした。

やっぱり7月にリバプールと対戦したかったなーー。

モリエンテス見たさに夜行バスで関西から駆けつけた友人はしょぼんとまた

夜行バスで帰阪の途へ。決勝戦には来られないようで、気の毒ですわ。

                                                      

その決勝戦はテレビ観戦予定です。まあリバプールの優勝な気がするけどなあ。

|

« サッカー・涙 あれ? | トップページ | 父子ドラマとしてのクライマーズ・ハイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/7648539

この記事へのトラックバック一覧です: 寒空のトヨタカップジャパン:

« サッカー・涙 あれ? | トップページ | 父子ドラマとしてのクライマーズ・ハイ »