« 今さらながら東京戦 | トップページ | メモリアル・マッチは勝つ »

2005年11月21日 (月)

だらだらと大分旅行記(試合除く)

祝 空・海・陸 制覇

                                                                                                                        

ここ数年12月は、天皇杯で日の出前に自宅を出発して羽田へ向かい鳥栖・鳥取・

松山・熊本などへ日帰り西日本遠征が恒例となってます。

寒い、遠い、あわただしいでぶっちゃけしんどいんだけど、お土産買ったり選手と同じ

飛行機で戻ったりとなんだかんだ結構楽しかったりします。

#一番の思い出は、帰りの熊本空港でステンカラーコート姿でお土産物色中の

   ダンディ梅ちゃん@引退した梅本主審をウォッチしたことかな。

   審判にも上川・恩氏・吉田・奥谷ら風貌もしくはスタイル(だけ)は良い人って

  結構いるんですよねえ。それが本業に役立ってるかどうかは疑問(爆)。

今年の天皇杯は、7月時点のリーグ戦成績のお陰かホームや近場(埼玉県民の私

には仙台は遠いアウェイではない)と恵まれてると他サポにやっかまれるけど、遠征

マニアとしては正直物足りないところ。

                                                                                                                        

そんな私にとっては今年最後の遠征、大分行き。

はあ、朝6時前に家を出て日帰り敢行してきましたよ。

行き帰りともANAバーゲンフェア利用。もっとも帰路は大分発が取れず博多へ特急で

移動し福岡から帰京となりました。 以下、だらだらと長く旅行記です。

                                                                                                                        

                                                                                                                      

大分は一昨年のナイターの試合(秋田やってもーた&ロドリゴむかつく--のアレ)が

初経験。この時は仲間4名で空港でレンタカーを利用して2日間フル回転でした。

ナビにない高速を疾走してビッグアイへ。

試合後は別府泊。居酒屋で関あじを食し、翌日は高崎山・地獄めぐり等々観光

満喫の旅でした(あ、私は世のため人のため運転は自粛っす)。

                                                                                                                      

今回は、日帰りだから素早い行動が肝心。

同行者の希望もあり大分空港かホバークラフトに乗車、連絡バスで大分駅まで移動

しました。

ホバークラフトって水陸両用で動くんですね、知らなかったよー。コンクリの上をS字

ドラフトで海に入っていくのにはワクワクしました。時速90Km、こりゃ速いわけだ。

                                                                                                                      

大分駅にて博多駅までのお得切符を購入後構内の食堂で鳥天定食を。から揚げ

とは違うおいしさ。一昨年のよりも味が濃い目でビールにあうんだなー、これが(^^)。

満腹になったところで大分駅より定額タクシー(小型、¥2,100)でビッグアイへ。

定額制は渋滞やルート変更も気にせず乗れるので素晴らしい。他のスタジアムでも

ぜひ導入してほしいなあ。(潮来インター<->カシマスタとか)

運転手さんがフレンドリーな方で鳥天の作り方を教えてくれました。

#私には馬の耳に念仏ですけどねー。

                                                                                                                      

いつものアウェイのようにゴール裏で仲間と合流。

アウェイサポでも許可をもらえばメインコンコースへ移動し屋台村へ行けることを知り

さっそく赤い服のまま移動。

でも視線も感じず普通に行けましたよ。大分サポの寛容さに感謝です。

寒いからかだんご汁・ラーメンなどは皆売り切れだったので、ジャンボ串焼き鳥を購入。

ささみなだけに柔らかくて食べやすい。2本買えば良かった(^^;)。

                                                                                                                      

そうそう、メインコンコースで大分選手のサイン会。あの顔は・・・お、松橋かぁ。

元気にしてる様子でした。

後から知ったのですが、この場所であやかちゃん募金をさせてくれたそうですね。

大分オフィシャル&サポータの方に深く感謝します。

                                                                                                                      

そんなこんなで始まった試合についてはまずは省略。こっちは大分日帰り旅行の

ついでですから(嘘)。

うー、試合を思い出すと岩政・隆行・拓也にモノ申したくなってくる。

まあ、こちらは後ほどに・・・。

終了のホイッスルを聞くと同時に階段を上がり外へ、走りっぱなしで---嘘、途中で

ぜいはあ撃沈、胸に手をあてながら歩いたけど、とにかくタクシー乗り場へ。

まだ数名しか並んでなかったのですぐ乗車、周辺道路もまだ渋滞前でスムースに

大分駅に16時20分に到着できました。

鹿サポ多くの心配事だった「帰り大分空港最終便に間に合うか」問題、これはホバー

利用した友人達も無事クリアできた模様です。選手達もおそらく大丈夫だったでしょう。

大分駅で湯布院温泉へ心の傷癒しに向かう仲間1名とお別れ。

予定していた電車より2本早い白いソニック号に乗車できました。

ゆったりとした革張りシート、荷棚は飛行機仕様。内装もしゃれてます。鉄っちゃんなら

ずとも乗るのが前から楽しみでした。

北海道&九州JR車両は観光エリアなので豪華で凝っていて楽しみが増しますよね。

                                                                                                                      

博多駅付近でとんこつラーメン! も大きな目的だったんですが、鹿サポ知合いに

聞いたお店はさんざ探し歩いたあげく日曜休業、もう一軒は駅の反対側で離れて

いたため断念。試合結果よりも何よりも落胆した瞬間でした(^^;)。

結局福岡空港でラーメン&餃子。これも普通においしかったので許しましょ。

                                                                                                                      

普段ANAを使わない私には羽田第二はわかりにくくムダにゲートから外までは遠く

かつ通路は狭くとかなり評価低いんですけど、とにかく小走りで出口へ向かい何とか

大宮行き最終シャトルバスに間に合いました。(帰宅は12時を10分ほどまわったけど)

                                                                                                                      

乗り物に乗ってるか立って応援してるか飲み食いしてるかだけでほとんど休まらず、

楽しいながらもさすがに疲れました。やっぱり大分は遠い。

この疲労感が心地よいものになってれば良かったんですけどねェ。

|

« 今さらながら東京戦 | トップページ | メモリアル・マッチは勝つ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/7247507

この記事へのトラックバック一覧です: だらだらと大分旅行記(試合除く):

« 今さらながら東京戦 | トップページ | メモリアル・マッチは勝つ »