« 赤とんぼと一緒に元日への第一歩 | トップページ | いつか見た光景 »

2005年11月 6日 (日)

ナビ決勝雑感

残念ながら、清水東が本日の選手権静岡県予選準々決勝で藤枝東に1-0で

敗戦となりました。

残念、明日内田君を見に藤枝まで行く予定だったんだけどなー。

空いた予定は宮城でのJユースカップ仙台戦ヘとも思ったんですが、大分遠征を

控えモノ入りなので明日は知合いと三ツ沢へアビスパを見にいくことにします。

今年初めてのアビスパ。

千代ちゃんが最近良いとの評判を聞いたので嬉しい。古賀誠二も楽しみです。

                                                       

その知合い達とナビ決勝観戦後外苑前で飲み会、先ほど帰宅しました。

まずはジェフ優勝おめでとうございます。ガンバお疲れ様でした。

120分お互いに攻めあった良い試合でしたね。0-0でも充分面白かった。

全般的にはガンバの方が優勢に攻めてはいたけど、前線3人のコンビがあまり良く

なくてワンタッチではたけずに持ちすぎが9月の鹿島戦に比べると威力が落ちた

ように思いました(それでも個人技はあるんですけどね)。

でも、PK戦で負けたとはいえ私的MVPはシジクレイにあげたい。

神戸時代のジャマーーなシジクレイが復活してました。ことごとくボールを跳ね返し

ピンチにさせない彼の存在感は大きかったなー。

後半最後に宮本投入でボランチにシジクレイが上がった時はどうしようかと思った

けど、いざピンチとなるとゴール前の砦として踏ん張ってました。

それはジェフのストヤノフも同じだったんですが、存在感はシジクレイの方がより

大きく私は感じました。最後は悔しかったろうなあ。

                                                        

もともとはガンバは敗戦してもらってリーグ戦も調子を落として欲しいなどという思い

からジェフ応援のスタンスだったけど、試合を見ているうちに不思議なことにガンバを

応援したくなってました。

それはいったいなぜなんだろうとずっと考えていたんですが。

おそらくひとつは私がブラジル人選手好きなこと。だからシジクレイにより反応した

んでしょうね。

もう一つはガンバのサッカーが鹿島なのサッカーに似ていたように感じたから。

9月の万博でもそう思ったんですが、今のガンバも鹿島も、どちらもサイド突破&

クロスよりもボールをまわしながらスルーパスで中央突破を試みる形が多いような

気がします。

それと、走りまわったあげく足がつった選手が多く出たところも似てるなあと(^^;)。

こんなこと思ってる鹿島サポは私くらいなんでしょうかね。

                                                       

他にはね。

・ストヤノフは敵味方なく足つったり痛んだ選手をケアしたり、PK戦で蹴り終えた

 選手にフィールドコートを着せてやったり、マメでいい人だった。

・シジクレイも同じように、ジェフの痛んだ選手をケアしていた。

・試合がクリーンな印象になったのはこの2人の功績が私的にはとても大きい。

・巻君が隆行化していた・・・(^^;)。

・二川の存在感があまりなかった。サイドの守備をしているなんて勿体無い。

・MVP立石、前半はGKを手で渡していたのはやっぱりタッチラインを割るのが

 心配だったからか。後半最後になってキックは中央に収まってヨカッタね。

                                                       

なんて、とりあえずこんなところ。

結論。

国立の決勝はやっぱりイイ。

鹿島も元日の天皇杯決勝、そして来年のナビ決勝はあの場にいなければいけない。

それまで皆頑張りましょう。

|

« 赤とんぼと一緒に元日への第一歩 | トップページ | いつか見た光景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/6918087

この記事へのトラックバック一覧です: ナビ決勝雑感:

« 赤とんぼと一緒に元日への第一歩 | トップページ | いつか見た光景 »