« 祝選出 | トップページ | 俊足対決 »

2005年10月23日 (日)

ここからが反撃

広島VSC大阪戦をテレビ観戦しての感想ですが。

ホント、昨日は勝ってよかったーー。

グランパスとは湿っぽい天候ーーというか雨の中の試合が多い気がする。

昨日も雨はあがったものの湿気がありかつ冷える中、試合内容も名古屋におつきあい

しちゃうかのような寒さだったなー(爆)。グランパス戦については後ほどまた。

まあガンバとの差をつめるには勝ち続けるしかないんだから、今はとにかく内容より

結果が全て(きっぱり)。ガンバだって綻んできてるんだからこちらは虎視眈々と狙う

しかないよね。

                                                      

そして。

次のセレッソ戦こそ、内容はどうでも良いからとにかく勝たなくちゃいけない。

大宮戦と広島戦両方テレビ観戦した印象からいうと、とにかくセレッソは守備での

寄せが早い。特にブルーノ・クアドロスはインターセプトポジショニングもうまくて

そうそうファウルをもらいそうもなく敵とするにはとってもイヤーな印象。

タイプは違うけど神戸の時のシジクレイのようにジャマーなカンジ。

クアドロスにはナビ予選@長居で怒涛のアガリでゴール決められちゃったっけね・・。

ただ、大宮戦では下村負傷の影響からかボランチからの展開等がちょっとしょぼい

時間帯もあった。

今日はゼ・カルロスが負傷、前半は縦に急ぎすぎたのかボールを拾われ逆襲パターン

も多かった。

もっとも前半の広島は例の全員での組織的守備が徹底されているからアナがない。

それはセレッソにもいえることで、両チームの中盤つぶしあい・守備は見ごたえあった。

広島の前俊・寿人もシュートチャンスはあったんだから、ウチも飛び出してのシュートを

狙えればチャンスはあるはず。(この2人のレベルが高いからは言うまでもないけど)

一方ウチの守備ではゼ・カルロスの代わりの徳重を青木がどう応対するかですね。

あとは、顔も見たくないほど天敵の古橋、それと・モリシにフリースペースを与えて

打たせることは絶対にしちゃいけない。

その意味でリカの存在はとてつもなく大きく頼もしい。リカちゃん、お願いね!

・・・でもまたヤラレちゃうんだろーなー(爆)。

だからこそ先制だけはさせちゃいけない。ここ1~2年は先制された後ひたすら

守られてきた印象があるもの。とにかく先制しよう、それっきゃない。

|

« 祝選出 | トップページ | 俊足対決 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/6531029

この記事へのトラックバック一覧です: ここからが反撃:

« 祝選出 | トップページ | 俊足対決 »