« 楽しみ方は人それぞれ | トップページ | 雨の西が丘 »

2005年10月 5日 (水)

さて、今さらの千葉戦

今さらの千葉戦ですが、思い出すままにいくつかいってみます。

いろいろと思うこともあり、かなり長文になりそうです(爆)。

結果はガンバ戦と違い、勝てた試合のはずで残念な引分けでした。

                                                                                          

スタジアム到着は何だかんだ遅れてキックオフ30分前に到着。

黄昏のジーコ像付近でジェフサポの知り合いを偶然にも見つけました。

「今のジェフは良くないから鹿島が勝つ」の言葉を半信半疑で聞く。

「いえ、ガンバ戦後で燃えつきてる可能性あるし。巻君よりも勇人が一番コワイ」

なあんて答え、お互いの健闘を誓い別れてから会場入りしました。

芝生は相変わらず良くなさそうなんて思っているうちにキックオフ。

                                                                                          

前半は一言で言えば「目を覚ませ」な内容でした。

途中から、早く前半終了してハーフタイムにセレーゾの渇がほしいと願ってばかり。

出だしだけは結構ボールも回り攻撃的にいっていて先制点直前までは良かったと

思うんですけど、何だか力の出し惜しみっぽい印象がありました。

                                                                                          

途中から素人の私でも鹿島右サイドが狙われているのがよくわかりました。

内田・青木らのパスをジェフがかっさらい前へ持って行かれること再三。

2人とも満男へのマークがキツイのにすぐ彼に預けてるんだもの。

そりゃ狙われるわ。

満男も足の痛みもあってかいつもよりキープできず。

あとはもう、ミスがミスを呼ぶ展開。

                                                                                          

特にうっちーはヒドい。判断遅く緩くて短いパスはほぼ相手に渡る。

前へなんて全然運べず。ましてや突破なんて皆無(ーー;;)。

さらに守備でも穴になっとる。(エルゴラで4.5点も納得)

メイン客に前半からあんなのを見せ続けたら、メインのお客は減るよーー(爆)。

                                                                                          

「右サイドでボールを持つな、バック側へ入ってよー」と思わず叫ぶも、その左サイドも

イバのところでパスが渋滞するのは如何ともしがたく。

うっちーに比べればまだマシという程度かなあ。

鹿島の4バックはサイドバックの攻撃力があるからこそなんで、今の状態ではやめて

ほしいくらい・・・・。

何度も言っているけど、鹿島の穴はB--特に右SBですわ。

今すぐに徳永来てくれと試合中に思ってしまったほどで・・・。

                                                                                          

一失点めのCK。

満男以外に危機感を持つ選手がいなくて勇人を飛び込ませて入らせてしまった。

執着心の無さだよね、あれは。

ニ失点目も勇人に飛び込まれる際、DF陣はゆるゆるでつかまえられてない。

こんなことでは、天敵古橋にやられ放題か・・・(怖)。

守備での集中力欠如、まずこれを何とかしてもらいたい。

                                                                                          

後半うっちーアウト阿部ちゃんインでボランチへ、青木が右SBへ移ってからは形に

なりだしました。

阿部ちゃんはさすが年の功というか、守備で痒いところに手が届くポジショニングで

目をつんでいたし満男のあがりも助けていた。

最初からこれでいけばよかったのにね。

                                                                                          

また、消えっぱなしの本山・誓志のかわりの隆行・野沢が入ってから攻撃モードに

移行、攻めまくるも立石が再三ファインセーブ。鹿島側での左サイドは鉄壁だった。

アレックスのゴールは右。皆そちらを狙うべきだったのかな。

隆行が起点になったりひっさしぶりのゴリゴリドリブル突破を見せ少なからず相手は

イヤだったと思う。隆行、やればデキルじゃん。

だからぁ、最後のは体でぶちこんでほしかった。トラップなんてしないでーー!(怒)。

                                                                                          

最初から目を覚まして後半の戦い方をしていれば勝った試合だったでしょうね。

試合を通してよかったのは、アレックス&深井だけじゃなかろうか。

深井は相手が2人ついても抜きさり脅威となっていた。

そして2ゴールのアレックスはもちろんMVP。

あのポジショニングは日本人FWも 見習えるでしょう。目の前の素晴らしいお手本を

とにかく皆吸収してください。

                                                                                          

一昨日エルゴラ表紙の憔悴しきったようなセレーゾの顔を見て、思わず

「セレーゾ頑張れ」と思ってしまいました。

起用・戦術はセレーゾの責任だけど、集中力/執着心の欠如は選手達自身の問題

ですからね。

苦言を呈したいのは本山だけじゃないはず。こういうのを本人に言えない(んだと思う)

のはセレーゾの優しさか監督としての限界なのか。

この2週間でどこまで建て直せるんだろう?

ホント、ファン感・2連休なんて甘いよ、ここでやらずにいつやる?

                                                                                                 

ジェフでイヤだったのはやっぱり勇人だけど、立石の防ぎきろうとするオーラに

やられた気がする。

下田・松代も同じものを感じる。ガンバ戦は松代だったら負けたかもしれないです。

その立石といえばGK(笑)。

ことごとくサイドラインへ飛んで行くボールを巻・水野がそりゃ献身的に拾っていて

「GKはまかせろ、そのかわりファインセーブを頼む」  と言っているかのようでした。

|

« 楽しみ方は人それぞれ | トップページ | 雨の西が丘 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/6261391

この記事へのトラックバック一覧です: さて、今さらの千葉戦:

« 楽しみ方は人それぞれ | トップページ | 雨の西が丘 »