« ここからが反撃 | トップページ | 今日のエルゴラ »

2005年10月24日 (月)

俊足対決

さて、名古屋戦ですね。

雨で出かけるのにモタモタして、着いたのはキックオフ30分前近くでした。

ご贔屓のカレーうどんを買ってスタンドで食べながら練習ウォッチ----と言いたい

ところですが、濡れたシートカバーを拭いたり何だかんだでちゃんとは見てません。

藤田がフレンドリーに我々に手を振ったような気がした(幻?)のと角田楽しそうに

シュート練習してるのは覚えてるんですけどネ。

 

                                                                                                                     

選手紹介ではやはり秋田への愛情溢れる(笑)ブーイングが一際大きかったけど、

楢崎・そして藤田へはかなりのものでした。

やっぱり磐田時代のやられっぷりは私達にはトラウマっぽいものねーー。

                                                                                                                         

しかし、ボールボーイが鹿島高校サッカー部っつーのはどーなのよ。

向こうの杉本の母校っすよーー。この試合はユースっ子にしてほしかった。

あえてそうしたのか、いやわかってなくて偶然だったんだろうなあ。

                                                                                                                           

そんなこんなで試合開始。

出だしはそうでもなかったんですが、相手にお付き合いしてしまう悪さが出始めて

パスミスが多くてシュートまで行けない。名古屋もかなり引いていたのは確かですが。

動きも悪かったですね。

                                                                                                                        

その中で奮闘していたのは、イバ・リカ・深井とここ数試合好調な選手達ですね。

何より、杉本とのおっかけっこでイバの俊足ぶりを改めて思い知りました。

いえ、わかってはいたけど杉本よりも速いとは、改めて驚嘆。

左サイドを疾走してクロスはじめ攻撃もとても光っていたし、守備では落着いた応対で

杉本にほとんど仕事をさせず、完勝でしたね。足の痛みも完治したのかもしれない。

観戦時の癖で、クリア等をきちんとした選手にその都度「○○サンキュ!」と自然と

声を出しちゃってるんですが、名古屋戦ではイバ(プラスリカ)に対してダントツに

多かったように思います。

名古屋戦でのお約束、中村直志とのどつきあい(爆)も健在(^^;)、元気一杯でした。

イバと深井とのコンビも磐田戦あたりから良くなってきたように思う。

左サイドは今の鹿島の生命線ですね。

                                                                                                                        

一方右サイドはというと・・・(ーー;)。青木ぃーーーーー、何とかしてくれよーー。

視野も判断も劣化しつづけてないかぁ? 

あなたの責任転嫁バックパスはもう見たくないのよぉ。

リカ・フェルの実力・活躍からいって今の青木がボランチ復帰はないと思う、右SBで

自分が生きるよう頑張らないと。

キック力やミドル等うっちーにないものを持っているんだから、どんどん出そうよ。

-----青木へは、いつも叱咤激励モードになってしまいます(^^;)。

                                                                                                                        

リカもスルーパス・ボール奪取・ドリブルと持ち味を充分に発揮し、献身的な動き。

その横のフェルは久し振りの実戦でちょっととまどった様子もあったけど無難に

こなしていた。

リカ・フェル、そしてC大阪のファビーニョ。皆ブラジル人ボランチで遜色ない。

まだ未見だけど大分のエジミウソン・トゥーリオの両ブラジル人ボランチの働きも

大きいとの情報もあるようで、やっぱりチームを立て直すには(FWもだけど)

スーパーボランチの力が必要なんですねー。セレッソ戦、大分戦とボランチ対決が

見ものです。

                                                                                                                        

モトヤンがまたもやキレのない動きで何度もがっかりしたんですが、後半になり

ターンしながらの惜しいシュート(ちょっとレオっぽい?)などを繰り返すうちに、

イバとのワンツーからダイレクトで見事なシュートを右隅に決める。

打ったモトヤンも、抜けてモトのパスを受けワンツー出したイバも、そしてゴール前で

DFを引き付けた満男&深井の動きも皆良かった。皆で取ったゴールでした。

モトヤン&イバが抱き合って喜ぶ珍しい姿が見られてお得な気分です(笑)。

やべっちFCの巧みをもらった堀池氏認定ゴールなわけですが、

「深井と小笠原のDFを引き付ける動きは、昔から鹿島にやられていた」

と嬉しいお言葉をいただきました。

堀池氏現役時代といえば、97年頃のヤナギ・マジーニョ・ビス・増田一号の

「4人FW」の頃の話かな。あの頃のポジションチェンジは天下一品だった・・・。

                                                                                                                      

その後シュートが皆無だったり、満男が二列目でもぱっとしなかったり、足の痛み

からか大岩がとても不安定だったり、とても満足できる内容ではなかったですが、

とにかく勝ってよかったわ。

リカ&フェルの方が打撲等で交代したけど、アレックスは強行出場なのに90分

出ずっぱり。相変わらずチェイス等献身的に動いていた。次はゴルゴル!

|

« ここからが反撃 | トップページ | 今日のエルゴラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/6523040

この記事へのトラックバック一覧です: 俊足対決:

« ここからが反撃 | トップページ | 今日のエルゴラ »