« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月30日 (日)

濃厚な週末

伊丹空港からJALで羽田に戻り我が街行きシャトルバス車中から一言です。
昨日のウィング・今日の長居と迫力ある試合を立て続けに見て、心地よい
疲労感があります。
どちらも選手の気持ちが伝わってくる試合でした。
鹿島の場合、引き分けはそりゃ残念だけど、見てきた紅白戦の出来が
よくなくて直敗戦を覚悟してただけに予想よりは戦えたことは評価したいなあと。
具体的な振り返りは、また明日にでもゆっくり振り返りことにします
最後に。
・やっぱりウィングはすばらしい!
・神戸サポの気持ち、それに必死で応えようとするヴィッセルイレブンには
気持ち揺さ振られた。
・長居鹿ゴール裏のエンドレス奇跡を起こせには酸欠になったけど痺れた。
・ソガ・岩政、凄すぎ。岩政、大丈夫・・
(伊丹で選手御一行を見かけたけど岩政は見落としちゃったよー)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月29日 (土)

セレーゾの声

今朝書いた通り怪我人状況が気がかりで・・、ということでクラブハウスへ午後

急遽行ってきました。晴れてよかったけど夕方はやはり冷えてきましたね。

練習は守備・攻撃の戦術練習に紅白戦で二時間で終了でした。

怪我人・スタメン等々の情報は、明日のスポ新にたぶん載ると思われるので、

触れないでおきます。

(例のニッカン報道以来、あえて書くのもはばかれ・・・)

                                                       

セレーゾの大声を聞きながら、これが聞けるのも今年一杯なんだなあと感傷的に

なってました。

昨日紹介したぴあトークバトルでも、岩政はセレーゾにいろいろと教えてもらったと

言ってましたね。キック・横からのボールへのヘディングなどなど。

こういう技術練習は、セレーゾ自身が技術高いので的確に教えられるんでしょうね。

セレーゾは人間的には愛すべきおじさんといった風情で私もずっと好意をもってます。

対戦相手を貶めるようなことは絶対に言わない紳士的面なども良いなあと。

(その分鹿島選手達にはかなり汚い?言葉も使ったりするようですが)(爆)。

ただ、監督としてはある面で選手に厳しく接ししきれないで選手が言うことを聞かな

かったりというケースも昔からありましたよね。

彼らに非情に徹しきれない部分は年数長く腹のうちを見せ切ってしまい馴れ合いに

なっている面もあるのかなと。

やはり6年は長すぎる。岡田監督持論の「監督は三年まで」はもっともだなあ。

今年は最終年と自分でも自覚しているからかはたまた選手が揃ったからか、二点目

を狙うサッカーをしていて目指すサッカーはやっとサポーターの満足のいくものに

なってきたように思うんですが、選手起用には疑問がまだ残ります。

そのあたりは、どこかはまだわからないけど次のチームで新たな手腕を発揮して

ほしいと影ながら応援したい。---だから,海外で働いてくださいよぉ。

                                                          

鹿島ユースの大道君の昇格発表がありました。大道君、おめでとう~!

昇格間違いなしというわけでもなかったと勝手に想像してますが、サテ戦・サハラ等

の活躍が認められたんでしょう。応援してる立場としては嬉しい限りです。

サテではナカシや慎三と結構相性が良いし、これは楽しみですね。

ユースとトップではレベルが全然違うのは本人もわかっているでしょうし、一歩一歩

努力していってほしいです。

                                                          

明朝、関西へ向かいます。

明日は神戸ウィングで金古&平瀬を見て、明後日が長居決戦です。

今年こそ長居で勝つぞーーーー!    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月28日 (金)

不安はあるけど

報知・サンスポ(・ニッカン紙面も)と、セレッソ戦を前に不安になる記事が載りました。

うーん、フェル&リカは名古屋戦でも痛そうで途中交代しましたからね。

満男・モトヤンはすでに報道があったけど、イバがあんなにキレキレっぽかったのに

腿ではなく今度はふくらはぎ。大岩も足首あたりを負傷しているようだし。

まあどこも実情はこうなんでしょうけど、心配ではあります。

セレッソ戦には皆間に合ってほしいなあ。

いや、セレッソ戦でモリシにやられた夢を見ちゃってザワザワした思いで朝起きて

ネット見たらこの記事発見というわけで・・・

イカンイカン、これは逆夢ですから!  ・・ね。

                                                                                                                        

ソガ&岩政出席のぴあトークバトル詳細の様子がここに掲載されています。

ガンバ戦翌日(私はサテで嬬恋に向かったけど)だけに試合の感想も含めて

なかなか面白い内容なのでこちらにご紹介してみます。

中西さんってなんだかんだ言ってDF出身だけに選手の目から見た技術論等も

わかりやすく私には面白く感じるんですけど。さすがテチャン。

                                                       

フリークスもやっと昨日到着。

表紙やら何やら自分も写っとる(^^;)。撮影時カメラマンの由美さんが「名良橋君~」と

なぜ叫んでいたのか実物を見てよーくわかりました(笑)。

本田主将&拓也の対談は実際も拓也のすっとぼけた雰囲気でいろいろと笑わせて

くれてましたよ。サカダイのハネとの対談でもあの調子。

そういえば、新人の時にスタジアムでケーラー病について本人に話しかけて聞いた

ところ、近所のおばちゃん(自爆)に話しかけるように「そーなんですよー。云々」と

もちろん初対面の私達におしゃべりしはじめたっけなあ。

ホント、得がたいキャラです。頑張ってるようには見えないけど(ゴメン)、でも

内心はいろいろと燃えるものもあるんだよね。

続きを読む "不安はあるけど"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月27日 (木)

ロッテ優勝から近鉄に思いを寄せる

ロッテ31年ぶりの優勝、おめでとうございます。

西本監督の頃からの近鉄ファン(年がばれる)としては、88年日本シリーズ

第三戦終了後の「巨人はロッテより弱い」(by加藤)発言から隔世の感ですね。

そのロッテがセリーグ覇者の阪神を4タテでまさに圧勝、近鉄ができなかった

ことをど派手にやってのけたわけですから。

若い選手が多くて、勢いでシリーズ制覇をもぎ取ったカンジですね。

Jっぽいタテ揺れ応援には私は素直に共感しちゃいますが、現場で見た鹿島

サポ友人の話だとJの応援よりずっとハードだそうで。

それはともかく、現在二位の鹿島もロッテに続きたいよーーー・・・

野茂退団とJリーグ開幕時期がほぼ同時期で鹿島サポになったと同時に

(ご多分に漏れずアンチ巨人⇒アンチヴェルディから)、プロ野球自体に

今ひとつ関心が持てなくなったまま今日に至っていますが、毎年日本シリーズ

とはその頃の名残でパを応援してたりします。

ダイエーが気の毒な気もするけど、まあ最初からわかっているルールなんだから

仕方ないのかもね。   

まあ、通年制をとらないなら昔の前期・後期でプレーオフを争ったほうが公正な気も

します。 (Jの2ステージ制と同じ。これはこれでいろいろ言われたけどね)

                                                                                                                        

それにしても、80年代後半~90年初頭の近鉄は、最強で魅力的なチームだった。

ブライアント・石井他の豪快打撃陣ばかりを言われるけど、いえいえ、野茂をはじめ

粟野・小野・山崎慎太郎・佐々木・高柳・吉井・赤堀・佐野等々ピッチングスタッフも

錚々たるメンバーが揃っていましたよね。

野茂・佐野らの対談でも彼ら自身もそうした自負があるようで再三そうした話が出て

きます。

あー、懐かしいなあ・・・・    豪快で実力者揃い、ホントに面白いチームだった。

ただ、あそこのフロントには何度も腹たったけどね。

鹿島の方がお人よしでお尻が重かったりでかなり鈍いカンジはするけど、今でも

ファミリーを大事にするところは評価してます。

#やり方がヘタなうっしーがガゼン異彩を放ってますけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月24日 (月)

今日のエルゴラ

移動途中に携帯から。
今日のエルゴラの名古屋戦MVPリカなのはもっとも(中盤で抜群の存在感云々)
として、イバが青木と同じ5.5はないだろーー!(怒)
リカに並ぶMVP級だと思うんだけどなー。
明日のSM/SDの評価を楽しみにしますか。
それと、記者会見要旨で「来週名良橋復帰」と確かにセレーゾが言ってます!
お! 期待してヨカですか?

セレーゾ勇退についてば改めてじっくり触れたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

俊足対決

さて、名古屋戦ですね。

雨で出かけるのにモタモタして、着いたのはキックオフ30分前近くでした。

ご贔屓のカレーうどんを買ってスタンドで食べながら練習ウォッチ----と言いたい

ところですが、濡れたシートカバーを拭いたり何だかんだでちゃんとは見てません。

藤田がフレンドリーに我々に手を振ったような気がした(幻?)のと角田楽しそうに

シュート練習してるのは覚えてるんですけどネ。

 

続きを読む "俊足対決"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月23日 (日)

ここからが反撃

広島VSC大阪戦をテレビ観戦しての感想ですが。

ホント、昨日は勝ってよかったーー。

グランパスとは湿っぽい天候ーーというか雨の中の試合が多い気がする。

昨日も雨はあがったものの湿気がありかつ冷える中、試合内容も名古屋におつきあい

しちゃうかのような寒さだったなー(爆)。グランパス戦については後ほどまた。

まあガンバとの差をつめるには勝ち続けるしかないんだから、今はとにかく内容より

結果が全て(きっぱり)。ガンバだって綻んできてるんだからこちらは虎視眈々と狙う

しかないよね。

                                                      

そして。

次のセレッソ戦こそ、内容はどうでも良いからとにかく勝たなくちゃいけない。

大宮戦と広島戦両方テレビ観戦した印象からいうと、とにかくセレッソは守備での

寄せが早い。特にブルーノ・クアドロスはインターセプトポジショニングもうまくて

そうそうファウルをもらいそうもなく敵とするにはとってもイヤーな印象。

タイプは違うけど神戸の時のシジクレイのようにジャマーなカンジ。

クアドロスにはナビ予選@長居で怒涛のアガリでゴール決められちゃったっけね・・。

ただ、大宮戦では下村負傷の影響からかボランチからの展開等がちょっとしょぼい

時間帯もあった。

今日はゼ・カルロスが負傷、前半は縦に急ぎすぎたのかボールを拾われ逆襲パターン

も多かった。

もっとも前半の広島は例の全員での組織的守備が徹底されているからアナがない。

それはセレッソにもいえることで、両チームの中盤つぶしあい・守備は見ごたえあった。

広島の前俊・寿人もシュートチャンスはあったんだから、ウチも飛び出してのシュートを

狙えればチャンスはあるはず。(この2人のレベルが高いからは言うまでもないけど)

一方ウチの守備ではゼ・カルロスの代わりの徳重を青木がどう応対するかですね。

あとは、顔も見たくないほど天敵の古橋、それと・モリシにフリースペースを与えて

打たせることは絶対にしちゃいけない。

その意味でリカの存在はとてつもなく大きく頼もしい。リカちゃん、お願いね!

・・・でもまたヤラレちゃうんだろーなー(爆)。

だからこそ先制だけはさせちゃいけない。ここ1~2年は先制された後ひたすら

守られてきた印象があるもの。とにかく先制しよう、それっきゃない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月20日 (木)

祝選出

祝! 慎三&圭太のU20代表ベトナム遠征メンバー選出。

祝! 内田君@清水東のU18代表韓国遠征メンバー選出。

                                                                                                                            

U20の方は、カレン・前俊・水野・梶山・本田等々のWY組や誓志のようにJ1スタメン

クラスの選手は第29節とぶつかるのでメンバーには入っていません。

それにしても、圭太選出はおそらく彼の人生でも初めてのはず。

最近のサテ戦での成長ぶりは著しく、ここでも一度代表に選ばれてもいいんでは?

なんて書いたくらいだから、見ている人はちゃんといるから捨てたもんでもないなあと

ことのほか嬉しい。

天然の彼を増嶋がどうリードしてくれるのか期待してます(笑)。

今後定着するかどうかはわからないけど、まずは「鹿島に後藤あり」というところを

見せてほしいですね。

                                                                                                                            

慎三も、4月の候補合宿以来の選出。

合宿最後の秋津のジェフとのTMでは、トップ下で横山と豊田(だったと思う・・)の

2トップを繰っていました。

攻撃・守備ともにスペースへ走りこみ決定的な仕事をしたりと、大熊さんに高評価

されるに相応しい出来でした。

その後怪我もあってまだトップコンディションには戻ってないとは思うけど、刺激を

受けて上を目指そうとぜひとも頑張ってほしい。

(このままだとぬるま湯の中でぬくぬくとしてしまいそうだから)

                                                                                                                            

で内田君はというと、まだプレーを見てないのでぜひ近いうちに見たいんですよね。

選手権の静岡県予選が始まってるので、日程があえば・・・と、実は狙ってます。

#勝ち上がってくれないと困るけどねー(^^;)。

ちなみに、予選スケジュール等はこちらに載っています。

                                                                                                                        

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相棒第二話

話は変わってドラマ話。ネタバレっぽくかつ興味ない方は飛ばしてください。

昨日の相棒も石橋蓮司の好演でかなり面白かったですわ。

最後に犯人をオトスところはちょっと反則とは思うけど、それにしても難敵を追い詰め

ようとする右京さんの楽しそうなこと(^^)。

「おじさん」のフェイントやら、イタミンの「CD」云々やら小ネタも豊富。

薫ちゃんが「毛がに」を想像したところは2STシーズンの札幌編を思い出した。

右京さん思い出の事件が2ND「ベラドンナ」に1ST「電飾さん」というのも,ライター

さん、わかってますねー(今回が相棒初脚本だそうで)。

課長や鑑識さんが出なかったのは掛け持ちがあったからかな。次回に期待。

                                                                                                                         

今クールは相棒と1リットルの涙くらいかなあ。

あいのうたはちょっとダメかも・・・

脚本が同じホームドラマ! の欠点がまた出てきちゃった気がする。

(ホームドラマ!は、ありえない設定にしろ現実の厳しい部分も出ていて結構

スキだったんですけどね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月18日 (火)

スカパー放送を見ながら改めて磐田戦

磐田戦、TBS放送はまだ見てないのですがスカパー放送を見ながらのカキコです。

解説高木・実況西岡というグッドコンビのはずなんだけど、何か違うなー。

高木さんってマンU戦の時も思ったけど、鹿島に興味がないらしくあまり具体的な

ことを語らないのよね。鹿島有利の前半でも磐田視点で語っていたもの。

それと、一般論ばかりで正直言ってつまらん(爆)。

あー、2000年1ST磐田戦(本山初&Vゴール)や2001年1ST柏戦(杮落とし)での

血の通ったヒロミの解説が懐かしいよー #だから早く戻(ry)

ネット情報だと、TBSでは金田さんがいつものように(^^)鹿島に好意的な解説を

してくれたらしいので、CM中断が多いけどやっぱり見ましょうかね。

                                                       

続きを読む "スカパー放送を見ながら改めて磐田戦"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月16日 (日)

鬼神復活

リカルジーニョ完全復活!

                                                        

エコパの磐田戦で見たリカちゃんは(前にも書いたけど)柏オフィシャルが

「鬼神」と書き、昔私も垂涎の対象だった柏でのリカルジーニョそのものだった。

動きまわり、タックルや接近した位置からうまくボールを奪い、そこから自分で

ボールを運びながら走り抜け、ここぞというところでスルーパス。

もうボランチとして理想的な姿を見せてくれた(長谷部の目指す姿というか)。

フェルよりも鋭さとピンチの目をつむセンス・しつこさも良い気がする。

フェルはもともとは二列目の選手なんだからしかたないんだろうけど、リカちゃん

みたいな選手って、鹿島ではブラジル人・日本人ともにあまりいないタイプと思う。

惜しむらくは、シュートもうまいんだからもっと打ってほしいといったところか。

次節はフェル&リカのボランチ、満男は二列目でいってほしい。

とまあ、リカちゃん復活が唯一の希望の光となった試合となりました。

                                                        

ガンバ・千葉に続き今日も引分け。ホント拮抗した相手には勝てなくなった。

今日の出だしの磐田ならイケルと思ったんだけど、決定力がなかった。

やっぱりアレックス不在がこれだけ大きいってことなのね。

隆行がヨシカツとの一対一をちょんぼしてはずしたときにはもう笑っちゃったけど、

オフサイド連続やら下がってボールキープし損ね味方のパスの邪魔をしたり、

もう空回りが多すぎ。前線の隆行に放り込んでもあまりキープできてない。

                                                        

今日も、良かったのはリカと深井、誓志と前半のイバくらいか。.

深井は最後まで走り回ったけど、最後の最後でミス連発で・・(orz)。

本山なんて何してたんだか。

下がってボールもらい自己陶酔パスしたかと思いきや思いっきり相手に拾われてる。

あとは削られて文句言ってる以外は消えてた。シュートはどうしたシュートは。

今日の上川は本山へのファウルは意地でもとらないカンジだったからあきらめろって。

青木もさあ、サイドバックでも判断の遅さが消極性につながり、カレン投入後カレンに

吸い寄せられるようにバックパスしまくって奪われてる。何やってるんだか。

大岩&岩政もそれぞれ怪しいプレーがあり安定感はいまひとつ。

そうそう、満男のCKがあまりにドンピシャにきた大岩がびびって?お辞儀したみたいな

受け損ないヘッドになってしまったのだった。ついてないというか年取ったというか。

それと、後半最後に前へ進む意思が少なくてしかもミスして逆襲を食らっていたのには

がっかり。等々力のソガのように全員があがるくらいでないと勝てるわけない。

                                                        

今日勝ったとしてもガンバとの差は得失点差があるので二ゲーム差には変わらない。

とにかく鹿島は全勝するしかないのね。

苦しくなった。あきらめるのはまだ早い、けど・・・。打開するパワーがほしい。

その一番手がリカだと信じてます。

とりあえず帰宅直後のなぐり書きでした。もう寝ます。

                                                        

追記

名波と上川って個人的な特別な関係でもあるんっすかねえ。

名波が痛んだ時だけ、上川は横になってる名波の横でずっと語りかけ労わり、

外にも出さずーーと、二人だけの世界でしたよ。 何すか、あれ?

それと、前半の服部のぶち抜かれ方を見て、鹿島は徹底して右から服部を

狙うべきと思ったんだけど、なぜか青木は最後まで消極的だった。もったいない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月13日 (木)

ウクライナ戦かぁ

相棒を見てるうちに眠ってしまい気づいたら朝6時、ウクライナ戦は見ず終いでした。

シェフチェンコ不出場を知ったからではないですよ(笑)。

ついでに、あいのうたも見てない。相棒がかなり濃かったのでこれで充分かな?

                                                                                                                        

朝のニュース&ネット新聞記事によれば、審判がヒドイとかジーコ激怒とか。

まあ、いろいろあるだろうけどそれを含めてのアウェイだと思うよー(冷めてる)

録画し忘れたんだけど、妹に借りてまで見返す必要はないよね。

ラトビア戦&オールスターを続けてみると、やっぱり代表中盤に満男がいたらなあと、

思ったりするのは満男サポだけかな? 昨日もそうだったんでしょうかね。

少なくとも中田こが出てる必要性は全くなかったと思うけど。

                                                                                                                        

それより、隆行が後半出場したものの走らずに出来が余りよくなかったとか。

見てないからあれこれ言うのはやめるけど、最近の鹿島でのパフォーマンス

そのものな気がする。

今の代表FW陣って、オールスター組の方が私はスキなんですよね。

センスも若さも感じられて見ていて楽しいし躍動感を感じる。

ヤナギも隆行も(高原は最初から眼中にないっす)、ホント申し訳ないけど正直

言って新鮮味が感じられない。 こちらが飽きてしまった、ぶっちゃけて言うと。

彼らより大黒・達也・巻(・玉田)を見たい。あ、大久保はもっと見たいですけどね。

                                                                                                                        

話は変わってもっと切実なことが。

アレックス怪我情報が心配で心配でたまらんです。

ジュビロ戦・その後のガンバとのマッチレースに大きく影響する話ですからね。

今日は非公開練習、新聞記者も様子を伺えないけど、クラブハウスを張ってれば

別メかどうかはわかると思う。たまには役にたってよ> 番記者連中。

う、非公開練習は明日でしたね。失礼しました。とにかく。

アレックス~、無理はしない程度に出場して頑張ってーー(無茶いっとります)。

                                                                                                                        

さて天皇杯組合せが決定。

今年はさすがに7月時点の首位ゆえ、組合せ・対戦相手等恩恵を充分受けてます。

これはレギュレーションなんだから仕方ないですよね。

4回戦のホンダロックは宮崎合宿でいつもお世話になっているチームですね。

一昨年くらいまでは水築がいたけど、彼も引退

(2日ファン感OB戦で久し振りに見ましたね)。

鵬翔関係者もいる模様だけど、うちの鵬翔コンビに頑張ってもらわないと。

五回戦は大分or東京Vの勝者。正直どっちもイヤだったりして(爆)。

次の仙台で勝てば元日まで一気にいけそうです。今年こそ最後まで頑張りたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月12日 (水)

相棒今夜から開始

さて、今夜から「相棒4シーズン」放映開始です。今から楽しみにしとります。

                                                          

昨年の3rd シーズンは、西村雅彦介入で薫ちゃんと美和子の関係を変に引き裂い

たり、シーズン開始の長編2話(双頭の悪魔・女優)がともに捻りすぎてか大作然と

していて私にはあまり面白くなかったりしたんですが、ありふれた殺人・警官殺し・

殺しのピアノあたりは面白かったし泣けました。

こういう地味な内容の方が私は好きですね。

それと、

・トリオザ捜一(やっぱり伊丹ンがいいねー)

・鑑識さん(電車男の阪神ファンで有名になったね)

・角田課長

・小野田官房長

らのキャラが好きです。

もちろん、右京さん&薫コンビがいいんですけど、それはおいておいて。

今夜のは、西洋風城に閣下@長門裕之が再登場。また若い娘はべらせてる

みたい(いやー)。

元法務大臣の津川雅彦と共演。これはめったにないシーンが見られそうです。

相棒の後がウクライナ戦なのか。

一応録画はする予定だけど、リアルでは日テレのあいのうたをチェックしたいので

そっち見てるでしょう。

代表戦に一喜一憂するのも何だか疲れたというか、満男を含めオールスターの

メンツの方なら見たいと思うんだけど、海外組と言われる人たちはヤナギを含め

見たい気があまり・・・・。

さて、今シーズン。

あとは昨日見た1リットルの涙が地味ながらぐっときそうで、しばらく見そうです。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

ユースの迫力

さて面白い試合だったので、大宮での高円宮杯準々決勝、広島ユースVS鹿実戦の
ことも触れておきます。実力伯仲でした。
双方ともラインを高めに設定し、特に広島は槙野主将自ら「下げるな」の指示通り
徹底して下げないんですよ。
その結果狭いフィールドに20人がぎっしりと。ボールを奪い合う迫力は肉弾戦の様相
もあり、専用スタの近さゆえぶつかりあう音もハンパじゃなかったです。

出だしは広島優勢。
鹿実の赤尾主将がファーストタッチで足をやってしまったのか早々に負傷交代という
アクシデントもあったけど、DFラインの裏を狙いだしてからは拮抗してきました。
しかし裏を狙われても槙野君は足が速いのでさっと戻りピンチの芽を摘んでました。
あれができるからこそラインをあげる勇気がもてるんだろうなあ。羨ましい資質です。



槙野君のコーチングは高校生とはとても思えないもので、味方のプレースキックの
際に「落ち着け」と声をかけながら自分が蹴るところなんぞ、千両役者のようでした。
コーチングできるということは、視野の広さや状況判断ができるということで、要は
賢いんでしょうね。端整な容姿などから「増嶋二世」との評価が世間でひょっとしたら
あるかもですが、いえいえ、雰囲気は俊足の宮本二世といった方が近いかも。
トップ昇格は決まったんでしょうか。
鹿島に来る内田君とはU18代表でDFラインを組んでたのかな?
これからいろいろ調べてみますが、かなり楽しみな選手です。
(決して容姿「だけ」で興味あるわけではないですから~~)(^^;)。

                                                         

広島の選手では、昨年見てる平繁君・柏木君らも印象に残りました。
平繁君は、猫背でシャツの出しちゃい方等遠めには先輩前俊を大きく引き伸ばした
ようなカンジ。
スピードや突破力等フィジカルもあるし来年がまた楽しみですね。                                                       
森山監督のコーチングをすぐそばで聞け、なかなか楽しませてもらいました。
ヴェルディとの準決勝はダイジェストでチラッとしか見てないけど、惜しかったよう
ですね。この試合が事実上の決勝だったんでしょうね。

(鹿実のことに触れてなくってスミマセン)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近況はこんなです

お寒うございます~。一週間あきました。

すっかり風邪っぴき、やっと復活できました。

この季節、寒暖の差が体に堪えます。気をつけないと長引いちゃいますからねえ。

                                                        

雨の西が丘翌日の6日はサテヴェルディ戦が会議で行けなかったので、かわりに

帰りに大宮へ寄り高円宮杯広島ユースVS鹿実戦を観戦。

後半はかなり冷え込みました。ここで風邪もらってしまったようで。

翌日昼から悪寒やら鼻水やらどんどん悪化し、午後半休で帰宅後はずっと

寝込んどりました。

三連休も予定してた高円宮杯準決勝・天皇杯ザスパ戦観戦はやめ、おとなしく

ラトビア戦やオールスター・天皇杯筑波戦等を横になってぼーっとテレビ観戦。

うっつらうっつらしながらでろくな感想があるわけもなく。

元鹿島選手が最後にやらかしたのと満男が痛んだのを覚えてれば充分かな。

たとえ風邪をもらってこようと、西が丘&大宮で専用スタでの生観戦を堪能しただけ

にテレビ観戦にすっかり飽きてしまい、10日は無理やり雨の東松山へサテレッズ戦

観戦に出かけました。駅までなら電車で30分の近さだから行けたんですけどね。

                                                        

ゴール裏の芝生席で千円取るとはレッズのぼったくりも相当なもんですなあ(爆)。

何せ遠くてよく見えなかったけど、鹿島は結構サイドを突いてボールをつなぎ、

面白いサッカーをしていたような。

慎三が復帰してドリブル突破や閃きパスが数回見られたのでそれでOKとしましょう。

今回のレッズは友ちゃんや山岸、それと西谷--は札幌選手として西が丘で見てる

んだからありえんが--、が不在でユースっ子の混り具合は鹿島とどっこいどっこい。

それだけに勝ちたかったけど、結果は押し気味ながらスコアレスドローでした。

                                                       

今シーズンのサテ戦はこれで終了。

今日のスポ新では満男に続きアレックスの怪我情報も入ってきてます。終盤戦に

どれだけ貢献できる選手が出てきてくれるのか、祈りたい。ナカシ、慎三、頼むよー。

                                                          

そうそう、内田君@清水東の入団発表がありましたね、おめでとうございます。

9月のサテレッズ戦で見た学生が彼だったのかなあ・・・  

とにかく右SBは最大の弱点。

内田君にはぜひ成長してもらいたいし、さらには即戦力(だから徳永?)も絶対に

必要なわけで、フロント陣にはさらなる補強をぜひともお願いしますーー。

                                                         

■ サテ戦 補足 ■

続きを読む "近況はこんなです"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 5日 (水)

雨の西が丘

珍しく今日2つめのアップです。

妹が臨海のナビ準決勝に行ってるので、帰ってくるまでの間自宅でちょっと時間が

あっての書きこみなんですけどね。

帰るまで眠らず待っていてあげようという姉心から(嘘つき)。

ホントは、終了後泣きメールが入ってきたんでどんな顔して向かえようかなあと、

考えつつもいっひっひと(毒毒)。

ジェフは勇樹が頑張ったようで。この間の試合の最後のFKを勇樹が蹴らなくて

助かったなあ。

                                                      

普通なら勤務地から徒歩で行ける日産スタへ行くところなんでしょうけど、そこは

鹿サポ。

ガンバ、マリともに決勝進出を喜ぶ姿を見るのもなんだし、西が丘で池内がまた

見られるーーーー ということで横浜FCVS札幌戦に行ってきましたよ。

つ-か、なぜ横浜FCが西が丘??   グッズもあまりなく運営もあまり慣れて

ない様子でした、関東学連にやらせた方が良かったりして??

小雨の中の試合は1-1で引分けで終了。イケのゴールはならず。

出だしは札幌優勢。途中からは横浜の方が多くチャンスを作っていたような。

シュート数は横浜の方が多かったと思う。林は結構忙しかったはず。

札幌は西谷・相川・砂川らがうまくスペースにつないだりもしたけど、最後のシュート

がしょぼかった(清野ーー、しっかりせいよー)。

札幌の相川のゴールってオフサイドってことないかなあ。

(メインアウェイ側ゴールライン近くだったのではっきりそう思えたんだけど)

で、後ろの初心者風女性の「青い方がたくさんいるみたい」発言に

「うん、横浜の方が動いているからね」とお連れの男性が答えてました。

確かに動いてこぼれ球を拾っているのは横浜の方が多かったように思う。

西谷はドリブルだけでなく視野広いパス等すばらしかったです。

西京極では気がつかなかったけど小さいんだね。

イケはソダ他に指示しまくり。で城をちょっと壊しちゃったようでアバレンジャ振りも

発揮(爆)。カードが出なかっただけ助かったね。

                                                        

同じ西が丘でも大学サッカーとは雰囲気がだいぶ違う印象でした。

昇格争いがさらに厳しくなり札幌的には残念な結果だったけど、とにかくあれだけ

近いピッチでプロの選手達の迫力ある攻防が見られ、西が丘へ行って良かったと

思いました。(10時過ぎには帰宅できたし)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

さて、今さらの千葉戦

今さらの千葉戦ですが、思い出すままにいくつかいってみます。

いろいろと思うこともあり、かなり長文になりそうです(爆)。

結果はガンバ戦と違い、勝てた試合のはずで残念な引分けでした。

                                                                                          

スタジアム到着は何だかんだ遅れてキックオフ30分前に到着。

黄昏のジーコ像付近でジェフサポの知り合いを偶然にも見つけました。

「今のジェフは良くないから鹿島が勝つ」の言葉を半信半疑で聞く。

「いえ、ガンバ戦後で燃えつきてる可能性あるし。巻君よりも勇人が一番コワイ」

なあんて答え、お互いの健闘を誓い別れてから会場入りしました。

芝生は相変わらず良くなさそうなんて思っているうちにキックオフ。

続きを読む "さて、今さらの千葉戦"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 4日 (火)

楽しみ方は人それぞれ

わかっちゃいたけど、やっぱり鹿嶋帰宅当日のアップは無理でしたね(^^;)。

ジェフ戦&ファン感でまたもや鹿嶋お泊りの疲れを残したまま昨日・今日と何とか

体だけは(爆)出社してます。3週連続でこんな事してる自分に呆れ気味・・・・。

                                                                                                                        

一昨日の帰りは鹿島神宮駅からの高速バスの待ちが凄く5台目でやっと乗車でき

23時半頃帰宅しました。

バス並びでは近くにファン感ゲストのサンコン&アダモちゃんバンドメン@外国人の

人達がとても楽しくて、ラィブ案内チラシまでもらって帰りました(^^)。

彼らの出番をもっと早くして会場を盛上げた後グランドフィナーレにすれば良かった

のに、選手達が下がった後ではちょっと気の毒な気もしたり。

続きを読む "楽しみ方は人それぞれ"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年10月 1日 (土)

では行ってきます

その3までどーにかアップ終了、これで鹿嶋へ出かけられます(笑)。

3年前の10周年イベントは名古屋戦後で快勝だったので良かったけど、昨年の

ジェフ戦では敗戦後の花火大会が雨と結果で水をさされた。

(悔しくて花火どころではなくさっさと帰りましたが)

今日の千葉戦も勝たないと明日のファン感の意味もないわけで、何が何でも勝とう。

イバ・モトヤン・そして満男まで(嘆)とスタメン組に負傷者が多そうで不安ですが、

誰か救世主になってほしいよー。やっぱり拓也の早めの投入&本田のキャプテン

シーに期待しておこうと思う。

それとやっぱり深井巻対決ですね。スタメン同士の対戦って初めてじゃないかな。

2人の息のあった攻撃ーーーーじゃなかった(爆)、お互い自分の良さを引き出して

活躍するだろうと楽しみにしてます。でも最後に勝つのは絶対に鹿島。

明日帰宅後楽しく振り返れますように。(アップは明後日以降になりそうなヨカン)

| | コメント (1) | トラックバック (2)

一勝一敗一分け、プラス露天風呂 その3

やっぱり飲んで帰ってからアップなんて無理ですね。

PCの電源すら入れずに眠ったさ、あはは・・・。

さあ、千葉戦当日。ではサテ草津戦のこと(え!?^^;)。

まあ他のサイトでも触れられてるし試合以外で記憶に残ってることをとりとめなく。

                                                         

ガンバ戦終了後友人達とちんたらしながらバス乗り場に行ったので長蛇の列、

茨木駅に着いたのは10時過ぎ。友人宅へは11時到着。スーパーサッカー等を

わいわい言いながら見て就寝。

                                                         

翌朝は五時起きで京都駅から始発ののぞみで東京へ、東京駅8時50分の上越

新幹線で高崎へ(ぼけっとしててウィンドブレーカーを車中に忘れ嬬恋で震え上がる

不始末)。

高崎からは友人の車で下道をひたすら走って北軽井沢経由で嬬恋へゴー。

途中のガタガタ道で少しだけ酔ってしまっただ。

                                                         

奥ちゃん他のスタッフがどうやって大阪⇒嬬恋移動をするのか疑問だったので、

某フロントの方にお聞きしてみたところ、朝一番の飛行機で羽田へ、東京駅へ

移動後長野新幹線で軽井沢からタクシーとのことでした。

なるほど、嬬恋は軽井沢が結構近いんですよね。私には無理なコースだわ。

それとこちらの予想通り万博帯同したうっちー&ハネは移動もあるのでサテは

回避とのことでした。

慎三が万博にも来ていなかったし姿がないのでやきもきしてしまった。

お話している時にはいないとは気づかず理由はわからなかったです。

(アップしたものの回避との情報を見たけど、え?現地でも見てないんですが・・・)

体調不良らしいですが、今日の千葉戦もベンチはないんだろうなあ。心配です。

                                                         

サテメンバーは杉山・石川・中後・ナカシ以外はユースっ子&ユースっ子OBです

から,ユース好きには涎の出るメンバーでしょ(メンツはオフィシャル参照)

ユースっ子にとってはサテメンバーとやると周りのレベルが上だからか力を発揮

して奮闘するもんだそうです。

ただユースの試合となるとなかなかそうもならないとか。

Jユースカップは黒澤君・大道君・平野君・吉田君・石塚君らにとって最後の大会

だから全力を出してほしいですよね。

                                                

で試合はナカシキレキレで2ゴール(一点は自ら得たPK)、プラス中後の押し込みで

3-0でした(これだけかい?)

                                                      

私はザスパファンでもあり数年時々見に行ってるので、見学に来ていたザスパトップ

の選手・スタッフの様子も気になって見てたんですが、小川マチャミや寺ちゃんらは

鹿島スタッフにも挨拶。奥ちゃんはザスパサポとまで旧交を温めてましたよ。

洋平は見なかったなあ。

鳥さん何だかやせたような。オダジー、頑張ってほしいよ。

大西氏も随分とやせられたようです。

当日も新聞報道があったように、体調プラス問題噴出でさぞ心労多い日々を過ごされ

ているのでしょう。心中お察し申し上げます。                                                         

とまあ、最後はザスパ頑張れモードの投稿でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »