« 敵情視察国立編 | トップページ | 燃料記事に感謝 »

2005年9月12日 (月)

最初から走れ

「それだけ走れるなら最初から走れよ!」

等々力アウェイゴール裏、試合終了後私の後ろにいたギャルサポが挨拶に来た

選手達に向かって叫んた言葉。

思わず振り返って「そうだよね」と2人で頷きあいました。

帰り寝過ごし電車を乗り越しちゃったくらい疲れているので、後ろ向き発言丸出し

なのはお許しくだされ。

斜度がないゴール裏、雨も濡れそぼり細かいところはろくに見えてないけど、

走らない、パス判断が遅い、横パス多用、シュート打たない つーのはわかった。

これでは点も取れなかろう。たまに良い動きがあってもFW2人が重なってたり。

青木はボランチで昨年に戻ったような不安定さ(orz) 。リカルジーニョ投入(やっぱり

彼はセンスあるから中盤が活性化したように見えたけど、どうでしょ?)でナラの代

わりに右SBに回ってからは縦へ走るようになっていた。

青木再生にはSB起用が効くわけね。早くセレーゾ気がついてくれよ。

それと、相手は満男徹底マークでボールを奪ったらシンプルにサイドを突く。

そう、シンプルな攻撃って今の鹿島に最も欠けている。手数かけすぎでイメージ

共有できないから見え見えになっちゃう。そりゃカットされちゃうか。

石川サイドをかなりやられたのは覚悟してたけど、ナラ対アウグはアウグの完勝。

最後の岩政をあげたパワープレーも、寺田他の高さには勝てなかった。

あー、結論としては全てをお見通しの関塚さんにやられた試合ではありました。

#後半の完全フィールドプレーヤーソガはカッコ良かったんだけどね(^^;)

                                                         

8月のJ再開後の長期低落傾向をどう歯止めしていくのだろうか。

フロントが本気で優勝を考えていたら日本人補強に奔走しても良いはずなんだけど、

そんなことないだろうなー。

としたら、現有勢力の中で攻撃・守備ともにカンフル剤となる人材起用・戦術変更が

必要と思う。その対象候補は慎三・ナカシ・誓志・ハネらなんじゃないの?

若手は今が絶好のチャンスと思い奮起してもらいたい。

                                                     

と、ここまで書いたら、柔道の薪谷選手が感動的な決勝勝利。泣けたーー。

新谷選手のように怪我などの逆境を乗り越える力を鹿島も私達も持たなくては。

うー、まだまだあきらめちゃいけないですね。(我ながら単純とは思う)(^^;)

|

« 敵情視察国立編 | トップページ | 燃料記事に感謝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/5899898

この記事へのトラックバック一覧です: 最初から走れ:

« 敵情視察国立編 | トップページ | 燃料記事に感謝 »