« ガラにも無く柔道、そして壁話 | トップページ | 最初から走れ »

2005年9月11日 (日)

敵情視察国立編

昨日は、都内である識者お二人の講演を聞いてから、その後東京VS清水戦へ。

(講師のお一人は齢80歳近くながら矍鑠としてかつチャーミングな方でした。)

で、国立へ到着したのはすでに18時半過ぎ。A自由席はアウェイ側一部しか空いて

ないので、清水ゴール裏すぐ横で観戦しました。

清水の応援って結構好きなんですよね。元祖Jリーグ応援調というかサンバを

前面に出してるところとかね。(鹿島サポでも結構同好の士はいますヨ)

で座席の関係もあってか自然と清水を応援してしまってました。

いかん、ヒロミスタの私が何たること(^^;)。ヒロミ、ごめんなさい。

でもなー、5月の鹿島戦以来久しぶりに見た東京は、特に前半はかなりショボイ

様子で、残留争いもごもっともに見えたのはどーしましょ(ぼそ)。

放り込んでくるだけで、ボールがつながらない。

清水の方が人もボールも動いてよくつないでました。後は決定力かと思ったら、結局

ノーゴール、FKからのこぼれ球を決めた戸田のゴールでで清水は完封負けでした。

清水は大宮戦もそうだけど、前半のパフォーマンスを後半に続けられないのがイタイ。

鹿島もやられたチェ・デウはスタメンの方が良さそうだけどな・・・

でも、ああいうサッカーができるのだから清水は残留すると思う。

一方の東京は、勝ちは拾ったけど課題満載という印象でした。

ご贔屓加地君はお疲れっぽい。

それと梶山がどんなプレーをするか注目してたんですが、東京のサイドイケイケ

サッカー(今年はあまりできてないようだけど)にはあわないカンジですね。

時折り良いパスも出すんだけど、何せ消えている時間が長い。守備はボランチの

それではない。これなら誓志にもチャンスありと思ったことでした > 北京五輪ね。

まあー、一喜一憂せずにのんびりとサッカー観戦できるのも楽しいです。

やっぱりスタジアム好きとしては、風を受けビール片手にぶつぶつ言える(へんな

人!?)のが醍醐味です。

                                                         

さて、今日はこれから選挙投票後等々力へ向かいます。

ガンバは勝った、鹿島もきっちり勝たないと!

アウグの決意がコワイけど、とにかくマッチレースをついていかないとね。

|

« ガラにも無く柔道、そして壁話 | トップページ | 最初から走れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/5883722

この記事へのトラックバック一覧です: 敵情視察国立編:

« ガラにも無く柔道、そして壁話 | トップページ | 最初から走れ »