« さあ、これから | トップページ | 三連休、終ってみれば三連勝 »

2005年9月18日 (日)

FW競演

FWがきっちり点を取って勝つ。

サッカーでは本来あるべき姿なんだろうけど、これが鹿島の場合は難しい。

でも、昨日のトップ神戸戦、本日のサテ仙台戦ともきちんとできましたヨー(^O^)。

トップ・サテともに4得点なんて、珍しい(^^;)、いや、褒めてます。

トップは深井2ゴールにアレックス・野沢。

で、本日のサテは中島・興梠それぞれ2得点。全ゴールともに見事でした。

ナカシのは、どちらもミドルをズドン。枠をきっちりとらえてました。

DFをぶっちぎったりキレキレだったものなー、昨日見たかったなー。

で、慎三。一点目はキミはイブラヒモビッチかというくらいアクロバティックなもの。

空中で体をひねりながらのループっすよ、ひゃっひゃ。

二点目は大道君からのパスを受け左サイドをドリブル、ゴールラインからマイナスで

持ち込んで角度のないところからのシュート。こんなのを2月の練習試合でも決めて

いたっけ、得意な形なんでしょうね。

これだけでもうお腹いっぱい(^^)。

そりゃ、2選手ともポストの精度やら消えてしまう等それぞれ課題はあるけど、よく

やっていたと思う。

                                                       

まあ、4月の仙スタでのサテ戦に比べたら鹿島のメンバーは大人気ないっつーか

トップメンバーぞろぞろですもんね。

内田・石川に何と昨日ゴールした拓也まで前半限定とはいえ登場したのには我々も

びっくらこいたけど仙台としてもやりにくかったかな。

神戸戦のトップと同じようなボールも人も動くようなサッカーがそれなりにできていた

でしょう。

圧巻はやはり拓也。一人異次元のプレーぶり。サテ出場は反則かも!?

うっちーは攻撃では微妙だったけど守備で貢献していた。

石川はうーん・・、クロスの精度を何とかしてほしい。それとぼけっとしてることが

あるんだけど、イバといいウチの左SBはなぜ時折気を抜いてしまうんだか。

ハネはサイドのカバーにも奮闘、珍しく相手選手に熱くなったりもしていたけど、

何とかラインコントロールもできていたと思う。

よっしーはボール奪取・飛び出し等に持ち味発揮できていた。

後半登場の大道君、最初は遠慮がちだったけど終盤には惜しいシュートを二本

放ってた。ゴールは明日にとっておいたんだよね(笑)。

                                                       

仙台も、小針・萬代・森川・渡邉・三田・富田・松浦等々メンツはいるんだけど、

一番印象に残ったのはSB三田のスローインがちびちびと上がって毎回違って

いたこと(爆)かな。

おなじみ試合終了後の交流シーン、今日は仙台の渡邉が同級生慎三と肩を組み

ながら話した後、市船大先輩であるハネに挨拶後しばらく話しこんでました。

ハネの復活を見て意気に感じてくれると嬉しいですけど。

|

« さあ、これから | トップページ | 三連休、終ってみれば三連勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/6004068

この記事へのトラックバック一覧です: FW競演:

« さあ、これから | トップページ | 三連休、終ってみれば三連勝 »