« もって生まれた器 | トップページ | きっちり勝利 マンU戦 »

2005年7月29日 (金)

暑く楽しい一日

国立、マンU戦より帰ってきました。電車の網棚に遠征バッグを忘れてくるくらい

ビール飲みすぎ&疲れたけど、朝から夜まで充実した楽しい時間を過ごせましたわ。

朝は国立へ。私自身はカテ1指定席(バック)だけどゴール裏観戦仲間に頼まれシート

貼りを。すでに汗びっしょり。

その足で東銀座へ移動して歌舞伎座へ「十二夜」を観劇。

これがまた楽しい芝居だった。シェークスピア喜劇を歌舞伎にしたわけだからもともと

のストーリーがしっかりしているのは当然ながら、歌舞伎ならではの楽しさもあり。鏡を

背景に張り奥行きを出す美術もあっと思わせる。で、やはり芝居の華は役者。菊之介

は美しいなあ。何より華がある。男女二役、いや三役の妙も楽しかった。

また信二郎が良かった。一昨年歌舞伎座最前列で見た(演目忘れてしまった)時も

美しさと大きな雰囲気に涙してしまったのを思い出す。

                                                            

そして夜は再び国立へ。マンU戦、楽しかった。とにかく坊主本山のすんばらしいシュー

トに狂喜乱舞。良かったよーーーー。ジーコ、使えやー。ずっと不調だったHOT6の最後

に坊主本山で覚醒。中断も代表選抜も残念だ。広島戦、とにかくキレキレのままでいて

ください。

この試合については明日また。これからDVDを見ます。あ、満男&本山のインタビュー

はそれぞれらしさ満載で爆笑もんだった。

|

« もって生まれた器 | トップページ | きっちり勝利 マンU戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/5208497

この記事へのトラックバック一覧です: 暑く楽しい一日:

« もって生まれた器 | トップページ | きっちり勝利 マンU戦 »