« 選手とは勝って笑顔で | トップページ | 脳みそとろけたサテ新潟戦 »

2005年7月19日 (火)

大分戦

昨日のサテ戦@成田で、日焼けし体力消耗しまくりどうにもへろへろのまま何とか本日

出勤はしたものの元気でませんよーー(^^;)。皆さんもお気をつけください。

一昨日は出掛けに連絡が入り自宅で急遽仕事をせざるを得なくなり、ユースのプリン

ス前育戦を断念、潮来インターよりタクシー利用で大分戦キックオフギリギリ到着。メ

インの階段を駆け上がると煙がもうもう。お! ハム焼きーー。当然?試合よりまず目

の前のハム焼き。着席したのは試合開始15分くらいしてました(爆)。

ということで、今更の内容になっちゃうけど大分戦について振り返っておきます。

ベンチはアリ以外増田・興梠・中島と攻撃的選手ばかり。昨年での戦績を考慮し先制

したら若手攻撃陣を投入し若手の経験値をアップしたいというのがセレーゾの目論見

だったんでしょう。

ところがそうは簡単にいかない。前半攻めてはいるように見えるけど相変わらず手数

かけすぎでシュートまではあまりいってない。

隆行&拓也の2トップはかぶりまくり。FW同士の距離感を近くするのは鉄則だけどそ

りゃ近すぎるって。珍しく隆行がペナルティエリア中央にいると思ったら、ボール受ける

や右に開いて持ち替えてのシュート。そりゃ相手GKの西川君に「サイドに開いたら怖

くない」と言われてしまうだろうなあ。

失点シーンはイバがふわっと軽い応対から交わされずどんだった。あんな守備では石

川と大差ない。一対一できっちりいくのが鹿島でのイバの持ち味じゃないですか。うー

ん、しっかり頼みますよぉ。攻撃でも、あがりがあまり効果的でなく精度あるマイナスの

クロスは2本くらいだったかなあ。拓也と結構相性が良いのでうまく使ってほしい。

しかし鹿島の大きな弱点は逆サイドの右SB。うっちーは相変わらずほとんど上がらず

かといって守備も中途半端。あれだったら、気がつくとあがってボール持ちすぎではあ

るけど何かしてくれるアリの方がドキドキできる分楽しめるっていうものだ(最後列中央

でのカバーやライン際でのスラィディング等守備はあれでも結構貢献してると思うよ)

フェルはDFラインのカバーに忙しいのかあまり上がらなくなったけど、うまくボールを

散らしてたと思う。相方青木は守備は無難、ミドルが一本あったか。もっともっと打たな

ちゃ。大岩の怒りの上がり?は今回も見せてくれた。

しかし蒸し暑いとはいえ足が止まるのが早すぎる。慎三・誓志・ナカシの若手が入って

前線のスペースを突く動きがでてきたのを見ても、もっと早くから交代してほしかった。

ーーーーって毎回同じこと書いてる気がするけど、毎度そう思うんだから仕方ないよ

ねえ。SOCIOの知り合いの方が「いったいどういう練習してるんだ。紅白戦が戦術じゃ

ないよねえ」と言っていたのには大いに納得。

隆行だけでなくFW同士、FWとMFでの意図ある動きが見えないし、仮に動いてもパス

出てないし。ボールを引き出す動きとかウェーブとかが全然見えない。そういう練習って

してないんじゃないだろうか?

岩政ゴールはあったけどまあ負けに等しい引分けです。ゴール裏にいたら叱咤激励の

意味のブーイングをしたいところだけど、メインだったので「大岩、次は頼むよ」とだけ

声を出しました。大岩の負担もそりゃ大きいだろうけど満男を欠く大宮戦では若手を

引っ張っていってほしい。幸いボランチで新境地開拓中のトニーニョが出場停止、本

山が壊される確率が減りました(爆)。休んだ分今度こそコンディションあげて独りよが

りしないプレーをぜひとも見たいぞぉ。(後ほどサテ戦も)

|

« 選手とは勝って笑顔で | トップページ | 脳みそとろけたサテ新潟戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/5052895

この記事へのトラックバック一覧です: 大分戦:

« 選手とは勝って笑顔で | トップページ | 脳みそとろけたサテ新潟戦 »