« 7月1日紅白戦レポ | トップページ | 清水戦 続き »

2005年7月 4日 (月)

バスに揺られて清水戦

昨日のバス移動が長時間ゆえ、会社で机に向かっていても体が揺れてます(^^;)。

9時間バス車中、その合間に試合を見た。

信州では晴れ間も見えていたけど、鹿嶋付近は風が冷たく雨もぽつぽつと。スタジア

ム付近の体感温度は15度くらい?  いつもながら、鹿嶋は冷えるー。

キックオフ30分前に着きアジアンカレーを食べてたので、アップは見てません。帯同

メンバーは慎三だったようですね。どうりで、キックオフ少したってからなぜかメインの

中段の通路に彼がうろうろと。選手席の入口を探していた模様でした。皆試合に夢中

で慎三に気がつく人も少なかったけど、観戦仲間T氏らに「慎三君、上だよー」と声か

けられ照れくさそうにあがっていきました。選手席入口を係員にあけてもらい無事入

れたようで何より(笑)。神出鬼没っぷりをまたもや発揮。ヴェルディ戦後は、田代イン

タビューを我々のすぐ後ろでじっと聞いていたり(普通選手は選手専用通路からさっ

さと帰ってますよ)。東京戦の怪我直後の試合だっただけに心中期するものがあった

んでしょうね。

さて清水戦。

開始早々のセットプレーの流れの中、市川のクリア(ミスだろう、あれは)をアレックス

がきちんと受け角度のないところをGK股抜きのゴールでいきなり先制。嬉しいけど、

でも先制後相手に攻められだすと足が止まり防戦一方っつー試合を何度となく見てき

ただけに不安がよぎる。でも、清水の拙攻・ミスもありポゼッションも高く、かなり鹿島

の攻める時間も長かった。まあ、最後の連携があわなくてシュートに至らなかった場

面が多かったのが気になりますけどね。

後半早々のカウンターからの二点目は美しかった!  本山の必死のキープからのパ

スを隆行が受けドリブル後左の満男へ。満男はゴール前に走りこんでくるアレックス

へどんぴしゃクロス。これをアレックスがきれいに決める。絵に描いたような攻撃、練

習でやっていた形。おー、こういう連携練習もしてるのか(当たり前?) ほとんど紅白

戦しか見てないので、たまには水曜日の連携練習も見に行こうかな。

その後も惜しいシュートもあったけど、徐々にラインが下がってしまいアリが倒れてい

たところを見事に突かれて失点。失点そのものは残念とはいえ仕方ない。ただその

後がよくない。結構攻めこまれてしまった。隆行と交代で出た拓也がGKとの一対一

を二度外したけど、これが決まってれば磐石だったのにな。拓也もまだカンが戻って

ないのかな。マリノス戦はぜひとも頼むぞ。

他に気が付いた点をいくつか箇条書きで。

・前半、隆行が左サイドをドリブルで駆け上がったままシュート! あれで決まったら

  神だけど、 彼の場合機動力を使って積極的なプレーが見られるだけで復調したか

  と素直に喜んでます(甘いー)。拓也他FW陣との競争でお尻に火がついてるね。

・満男はやはりチームで別格。1日の紅白戦でも思ったけど、良く動きパス&ゴーもで

  きているし、視野も広い。もちろんボールを取られないキープ力にもコンフェデ後磨き

  がかかったように思う。最後左足甲を蹴ったか蹴られたかかなり痛んで、いったん

  外に出た。再度インしたけど、安全を期して阿部ちゃんと交代。でも本人はなかなか

  出たがらなかったし交代で入る阿部ちゃん・うっちーとタッチにいったくらいだからた

  いしたことはないんでしょう(祈)。

・やはり左SBはイバでなくては。肉離れ再発後は久し振りの公式戦だったけど、安定

  した一対一の守備はさすが。攻撃も紅白戦の時よりは良くなってました(イバの場合、

逆のケースが多くて仲間に「紅白戦だけ良くてもなー」とぼやかれまくってたので、こ

れで汚名返上できるね(笑)。腿を気にするそぶりも見せてたけど、慣らしながらいって

くれるでしょう。

・逆サイドのアリも、今シーズン一番良い出来だったかと思う。リベロが適任なんて

言ってたけどちゃんとサイドの守備もできてました。攻撃も回りとの連携がわかって

きたようで。あとは、順天大戦に見せたにょろにょろドリブルからのゴールね(笑)。

・気になったのが満男とモトヤンのコンビがあわなかった点。代表でスタメン・控えと

一緒でなかったからかなあ。モトヤンが一人よがりに見えたりもした(ごめん)。

でも後半の持ち込んでのシュート、あれが彼の真骨頂。だからー、もっとシュートを

打(以下略)。6連戦もすればイヤでもあってくるでしょう。

・青木がミドルシュートを放ち積極性を見せた。前半は何度か「自分でいけ」と我々が

叫んでいるのを無視するように(爆)後ろへ横へ、ちょこまかパス多用。それじゃいか

んと自分でも思ってくれたんでしょう。彼のミドルは宇宙開発というよりスピードあり

外し方が惜しいので次こそ決めろといつも応援している、キツい言葉で(^^;)。

・忘れてならないのがフェル。やはり彼が中盤でボールを奪いさばくと安定する。特に

昨日は足が止まらずカバーリングがとても効いていた。頼もしい選手と改めて思う。

・ソガ、大岩、岩政はいつもどおり安定してた。これが大事。

・しかし、鹿島優勝のためには今後もアレックスの活躍が必須。ストライカーたる力を

発揮し続けてくれさえすれば、私個人は彼と心中するくらいの覚悟をもちたいくらい。

(ナビスコ予選に最後の一試合しか出られなかったのは改めて残念だった)

                                                                                                                        

次のマリノス戦、言うまでもなく大一番。2試合偵察した限りでは、4バックで松田が

いないのは厳しいのかも。ライン統率が素晴らしかった気がするもの。でも中澤との

マッチアップは誰にしろ最後まで気が抜けない。あとイヤなのは坂田。ああいうタイプ

にはうちのCB陣は弱いし。アリがマークしてあの動きに驚いてくれれば勝利の道も

見えてくる!?(笑) 

|

« 7月1日紅白戦レポ | トップページ | 清水戦 続き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/4823008

この記事へのトラックバック一覧です: バスに揺られて清水戦:

« 7月1日紅白戦レポ | トップページ | 清水戦 続き »