« ピッチも揺れた | トップページ | もって生まれた器 »

2005年7月24日 (日)

本山さらにがんばれ

埼スタではバックカテ3席に席をとりました。カテ4の仲間に電話したところ、仲間でも

まだ来られない人が二、三人いたようで、一人は結局念したもよう・・・。

カテ3アウェイ側には構鹿島サポもいました。勝ちステーキ等はホーム側売店のみ

だったようなので、おとなしくチーズトッピングのカレーを。結構おいしかった。

コンコースも座席も隙隙ゆったりで代表戦・レッズ戦とは雰囲気が全然違ってました。

 

試合の方は、拓也・モトヤンのコンビでドキドキわくわくさせてくれたので、言うことな

し。本山は視野広く珍しくイバもうまく使っていたと思います(特に前半)。攻守に奮闘、

本人も気にしていたようだけどやっと調子が戻ってきた。ここで代表とはつらいなあ。

コンディションが下がらずに広島戦、待ってるからね。

拓也と本山ってやっぱり相性良いよね。拓也とイバも。そのイバが本山を追越してい

く。そう、これよこれ! もう嬉しくってねー。最後の最後がちょっとしょぼいのが残念

だけど、結構低めの良いクロスもあげてました。

フェルも青木も安定していたし、岩政の幻のループ気味シュートもあったし、隆行も

それなりにシュートも放ち悪くはなかったし。あ、でも本山の動きに後から気がつき

動くものの本山のすぐそばで結果的に本山の邪魔になっているシーンを見て、ああ、

やっぱりセンスないなあと(ゴメン)。後半途中からへばってl両膝に手を当てはあは

あしているのを見てここはすぐ交代だろうと思いきや、結局フル出場。

大岩が途中で一人うずくまりピッチに下がった時はびびりました。即青木がCBに入り

イバトコミュニケーションをとっていたので安心したけど(そういえば、イバは本山にも

肩をたたきながらいろいろと話してましたね)。大岩は黒いサポーターを左足首あたり

にまいていたのでもともとの故障なんですよね、きっと。戻ってきて事なきを得たけど、

マンU戦はお休みしてもらってじっくりと治してください。何せ鹿島で一番代えのきかな

い選手ですからね。

大宮は、久永・横山の突破が怖かったけど、DF陣はじっくり応対していたので大丈

夫でした。横山は昨年の甲府戦@熊谷で交代後ファーストタッチでゴールしたりそれ

以前もクロとの2トップやらいろいろがんばってきたけど今年はサブのみで昨日が

初スタメン。それであれだけ張り切ったんでしょう。

|

« ピッチも揺れた | トップページ | もって生まれた器 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/5127311

この記事へのトラックバック一覧です: 本山さらにがんばれ:

« ピッチも揺れた | トップページ | もって生まれた器 »