« アウグ対高山 | トップページ | とりあえず一言 »

2005年7月13日 (水)

瑞穂の思い出・フェルナンド話

今日は名古屋戦。今回は正当に(笑)午後半休にて瑞穂へ。

今横浜は肌寒いくらいですが、名古屋は気温も湿気も高そう。梅雨時は雨対策と汗

(着替え)対策と両方で荷物も増えちゃいますね。今夜名古屋泊、明朝新幹線で新

横浜へ出勤予定です。深夜1:35より東海テレビで録画中継があるけど、これを見終

ったら明朝起きられないかも・・・  深夜悩みながらも見たいと思わせるような試合展

開になってください、お願いしますよ、アレックス~、フェル~。

瑞穂で勝ったのって、私が行ったのだと2000年平瀬大活躍の3-0、同じ2000年ナビ

準決勝(大雨の影響で正確には球技場使用、ピクシーに楽しくブーイングしました)、

一昨年のナビスコ準々決勝くらいしかない。この試合がまた、ホームで5-1と大勝し

ながら3ボランチの超守備的布陣、相馬見事な走りからのゴールだけどつまらんか

ったよなー。

そうそう、過去何度か鹿島ゴール裏最後尾になぜかグラサポが数名いて、グラゴー

ル時に後ろで煽るように喜ぶんだよなー、あれが憎くてねー(爆)。

5月はやるせない思いでマルケスにお別れまでしたけど、一番口惜しいのは昨年の

ナビ準々決勝ですね。何も見えないほどの大豪雨の中、リスタートをぼさっとしてゴ

ール入れられ、終盤確か深井が川島を退場に追いやってまで得たPKをフェルが外

しちゃってねー。あれ、ミエミエのフェイントだったよなあ。試合後真っ先にフェルが

ゴール裏に挨拶に来て謝っていたけど、私の怒りはなかなかおさまらずでした。

そう、フェルは5月のナビ戦は出てないし期するものがあるでしょう。その気持ちに大

いに期待してます。

フェルは仲間内で「二年かかってやっと開幕した」と言われてる(笑)くらい、今年の

頑張りは賞賛に値すると思います。夏場になっても運動量が落ちない(!)し、課題

の守備も長い足を利用してのパスカット、または相手を遅らせたりと積極的に行け

てます。昨年までだと遅れて後ろから慌てて奪おうとしてイエローもらっていたもの

ね(でもイエローの多さは今年も変わらないつーのはどうしたものか?)

試合中はファイト溢れるところを見せるけど、移動の空港やクラブハウスで見せる姿

は穏やかで紳士。探知機にひっかかりベルト・靴を脱いでボディチェックを受けてい

たのも可愛かったし、機内では静かに単行本を読書していた。んで笑顔が、もー可

愛いんだなあ。昨年はあの笑顔見るとプレーのひどさも許しちゃったりしてた(^^;)。

先日は、クラブハウス外道路で私が東京駅行きバスを待っていたところ運転中のフ

ェルと何気なく目があい、そりゃもう満面の笑顔で会釈を二度三度してくれちゃいまし

たよ。最近の若い選手達も、フェルのこうした態度をぜひとも見習ってほしい。昔はサ

ントスがそうだったけど、フェルも地元民にきっと愛されていることだろうなあ。

                                                                                                                              

と、なぜか名古屋戦の日にフェル話でした(笑)。

藤田・直志の飛び出しを押さえるのはフェルと青木かな。頑張れー。それと、イバが

杉本とマッチアップですか。守備からきちんと入る選手なので裏走られまくりにはな

らないと思うけど、杉本退治をよろしくです。

CBのスタメンはおそらくハネ、でベンチには金古でしょうね。ハラハラしつつも期待し

てますよ。

|

« アウグ対高山 | トップページ | とりあえず一言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/4951677

この記事へのトラックバック一覧です: 瑞穂の思い出・フェルナンド話:

« アウグ対高山 | トップページ | とりあえず一言 »