« 関東ぶらりサッカー一人旅(2) | トップページ | コンフェデ終了 »

2005年6月22日 (水)

コンフェデもワールドユースも大詰め

どちらに力を入れて見てるかといえば、やはりコンフェデ。そりゃー、鹿島の選手がい

るいないで力のいれようも変わってくる。誓志・慎三が入ったら必死に見てたと思う。

(どちらかが加入していた時は姉崎・秋津へ練習見学にも行ったりした)

朝方のモロッコ戦。先日のザスパと同様ロスタイム失点で負けとまあ最低な結果に。

カレンには言ってあげたい。「ポスト」「バー」直撃シュートは惜しかった、けど惜しい

だけでは勝てないんだよ--と。あれだけ動き守備にも貢献しシュートも打って奮闘し

ていただけに結果を残すことの意味が身にしみてわかったんではないだろうか?

(ポスト直撃シュートといえば、FC東京戦の慎三も2本やらかしたけど、本山がきれ

いにつめてくれたから結果オーライ。カレンはその意味でも運がなかった?)

兵藤のパスミスについては触れないでおこう。兵頭のかわりに慎三だったら・・・

いえ、たらればは意味無いこと。

                                                                                                            

さてコンフェデ。満男がどこまで世界基準--つーか海外組に一歩リードするくらいに

なれるのかどうか、はらはらしつつ見ている。ギリシャ戦はJで慣れ親しんだ4-4-2の

二列目、右。俊輔とも距離感を意識して結構相性が良さげ(「俊輔は満男にパス出さ

ない」と文句言っていた頃がなつかしい)

代表で後半運動量ががくっと落ちてミスが増えだすのを見ると、99・00年頃の鹿島で

起用され始めた頃を思い出す。90分持たせようとせずいけるところまで全力でいくよ

うにしていると言ってたんじゃなかったかな。好不調の波を乗り切るにはどうすれば

とも回りに相談していたような。26歳の今鹿島では押しも押されぬ中心選手として90

分をコントロールできているしスピードを緩めたりキープして時間を稼いだりもして回

りをオーガナイズしている。

でも代表となると、回りとの連携・スピードについていく力の入れ具合が把握しきれて

ないのに加えもともと暑さに弱いときてるので、どうしてもああなってしまうんだろう。

当人も昔のことを思い出しながらやっているんだろうなあ。でも、90分もたせるためま

ずバックパス云々なんてしちゃいけないし、そんな地位にはないんだから、いけるとこ

ろまで走れーー。

代表戦は基本的に鹿島の選手がいるいないに関わらず生観戦できる時はしている

けど、どちらかというとぶっちゃけ「まあ、代表も見ておこう」的スタンスが強い(サッカ

ー生観戦が好きな人間のイチスタンス)。

選手ジーコはともかく監督ジーコは99年鹿島であまり良い思い出がないので、申し訳

ないけどかなり評価も温度が低いけど。

サッカー観戦好きとしては、代表もザスパも(去年までの)大宮も大学サッカーも同じ

土俵にある。

ただ、鹿島だけはやはりスタンスが違う。結果に一喜一憂、内容にも一喜一憂。心情

の振幅の広さを鹿島以外のチームでやってみろと言われても無理、。鹿島で手一杯

が正直なところ。応援続けるって楽しいより苦しいことの方が多い。好きでやっている

ことだから納得づくなんだけどね。

|

« 関東ぶらりサッカー一人旅(2) | トップページ | コンフェデ終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/4660966

この記事へのトラックバック一覧です: コンフェデもワールドユースも大詰め:

« 関東ぶらりサッカー一人旅(2) | トップページ | コンフェデ終了 »