« 慎ちゃん、おめでとう | トップページ | 重松清読み始めました »

2005年6月 6日 (月)

古河の悲劇

今日は大学サッカー筑波VS流経戦で古河へ。

本当は鹿島ユースの横河武蔵野FCに行こうかとも思ったけど、午前中

美容院予約してたし今年見たユースの試合はゼロ勝二敗、私が行か

ないと勝ってる(爆)ようで、やっぱり厄病神っぽい?(涙)。

筑波は平山も藤本もいないけど、何しろ野本君を見に行ってるんだか

ら私的には2人がいなくてもノープロブレム(笑)。

野本君は鹿島ユース出身、一年生ながら右SBでここまでフル出場。

頑張ってるなあ。昨日は山本拓ちゃん・後藤君らもナビスコで出場して

るからそれも刺激になってるのかな。

第一試合中のアップ練習では田中選手とコンビを組みパス練習。相

変わらずにこにこと楽しそう、で黒い(笑)。彼のやんちゃで気の強そ

うなカンジが選手としてずっと大好きで、昨年の鹿島ユースでは一番

のご贔屓ですわ。顔立ちこそ違うけど、持っている雰囲気などが興梠

君によく似てるのよね、最近の選手の好みは「やんちゃ」、私も年取っ

たヨ(笑)。

やっぱり四年後には鹿島でこの2人を見たい! (その前に来年は徳

永にぜひ来てほしいけど)

アップ中には地元小学生達が選手一挙一動に「○番、カッコいい!」と

叫び続けてたけど、ちゃんと31番も言ってもらえてたよ(笑)。筑波学生

の「31番、黒い!って言ってごらん」との指示を素直に実行して野本君

も苦笑いだったろう。そうそう、井原氏がコーチでいたけど、小学生達

は誰も知らないんですわ。まあ、フランスWC頃にやっと生まれたよう

なお子達だし仕方ないか。

                                          

試合の方はやはり平山・藤本不在が響いたか、筑波優勢ながらもゴー

ル奪えず。野本君は的確な守備、機を見た上がり、ミドルシュート、セッ

トプレーでの惜しいヘッド等かなり頑張っていたように思う(5/4の学芸

大戦より目だっていた)。そうそう、彼のヘッドは的確で守備は昨日の

中後よりは安心して見ていられた(^^;)。もともとCBが本職だしね。

で、このまま0-0かと思った後半40分頃に悲劇が・・・・。他ならぬ野

本君のクリアミスを押しこまれて失点。そのまま0-1で敗戦、前期優

勝を得失点差1で駒大にかっ触れてしまった・・・・。試合終了後GKの

来栖君が肩を叩いて慰めていたようだったな・・・。まあ、得点できてい

ればこうならなかったわけであのワンプレーを責めるのは可哀相・・。

そうそう、野本君の応援歌もちゃんとありましたヨ。ロート製薬のメロデ

ィで「のーもとー、のもと、のーもとー」というシンプルなもの。

そういえば、流経は深井・隆行・増田(早っ!)と鹿島選手応援歌が多

かった。応援団に鹿サポいるの? 流経は選手数が多いから新しいの

をどんどん取り入れないと追いつかなかったりして?(笑)。

|

« 慎ちゃん、おめでとう | トップページ | 重松清読み始めました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/4433131

この記事へのトラックバック一覧です: 古河の悲劇:

« 慎ちゃん、おめでとう | トップページ | 重松清読み始めました »