« これで楽になる | トップページ | 紅白戦見てきました »

2005年6月29日 (水)

鹿サポ的視点ぴあトークバトル

では、ぴあトークバトルについて。

タイトルは「ぴあトークバトル スポーツ快楽主義2005 Vol.43

どうなる!? 2005Jリーグ後半戦"STOP THE ANTLERS"」なるもの。

何せSTOP THE ANTLERS ですからね(爆)、主役がいないとイカンということで?本田

主将も急遽参加となった模様。

トークバトルは初めだったけど、今までは一人を囲んだり井原・福田ら現役引退したヒ

トだったりこじんまりしてたのが、今回は現役選手4名プラス水内とメンツもなかなか。

特に岡野&水内コンビは期待通りのお笑いトーク炸裂でした。

では本田様&鹿島限定で(笑)覚えている限り本田様のお言葉をいくつか。

・今シーズンまでトップで9差つけてるが、チームがまだできあがってない印象なので

正直意外。開幕戦は勝つと戦前からモチベが高くあの試合を制したのが大きかった。

・一週間の休みは長かった。コンディションをあげるのは倍かかるので大変。でも痛み

は次の日にちゃんとくる(岡野は二日後だそう)

#そうだろーなー、順天との練習試合も試合前からヘロヘロな選手が数名いた。ち

なみに、FC東京・ヴェルディは4日程度、レッズは一週間で岡野はヘロヘロだそう。

・この年でもまだできるといっても、ケアは普通にストレッチ・マッサージくらい。お酒は

休日前だけにするなどメリハリをつけている。#岡野への半分イジメ? (笑)

逆に体力がこの年になってあがってるので、調子よく頑張ると肉離れをしてしまう。

昔は怪我が少なかったのに。

・成績が予想外だったのは、ヴェルディ&レイソル。もっと上へ行くと思っていた。

・ポゼッションとリアクション、どちらも鹿島はできるが個人的には攻められてる方が

良いかも。

・1シーズン制は、勝ち点1をどう捉えるかが難しい。

・代表組、鈴木&本山は出場してなかったので戻ってからモチベが高い。小笠原もレ

ギュラーぎりぎりなのでか戻っても先頭を切って走ってやはりモチベが高い。後は彼ら

のコンディションだけ。

・鹿島が好調な要因としては、攻める時間が長い時も守備も考えて二列目も戻ったり

している。苦しい時間帯も乗り切ろうと意思統一がはかれている。

・隆行曰く「ウチが優勝するかどうかはレッズとマリノス次第」(by 水内)

本田自身は「来そうで怖いチームはレッズ」と隣りの岡野にニヤリ。

・紅白戦等ではBチームは円陣を組む。「試合に出られないとくさらず、目標はあっち

  のチームに行くことだからな」と若手に言い聞かせている。自分が出られなくても若手

  のモチベをあげるために、いつも意識している。だらけた選手がいたら叱る。

#さすが本田様。「こういう選手がいるチームは強い」と哲っちゃん・水内から賛辞。

                                                                                                                  

全体的には、別格本田、おもちゃ岡野&ヤマタク、励まそう宮沢(笑)みたいになって

ました。鹿島以外のチームは成績も悪いから課題・弱点も結構出たんですが、ウチに

対しては本田に遠慮もあるのかあまり出ず。いやー、一番の課題はアレックスの相方

をどうするか? だと思うんですけど。要は隆行をどう扱うかのか。

岡野の面白トークには本田も「成長したなー」と(笑)。いやー、岡野は神戸移籍で一皮

むけたんでしょうね。面白かったですわ。

それから、ヒロミ氏は水内の師匠、宮沢起用をヒロミに強く進言したいけど、ヒロミが

意地になるといけない(笑)ので間接的に言うとのこと。

宮沢も自虐的ながら笑いもとり、思ったよりしゃべるヒトでした。

ヤマタクは眠そう。再開後の練習で肉離れやってしまい練習を休んでるそうです。

7/19は大阪であるそうですが、宮本&大黒効果で完売したとか!?。恒サマ、さすが。

|

« これで楽になる | トップページ | 紅白戦見てきました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/4758117

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿サポ的視点ぴあトークバトル:

« これで楽になる | トップページ | 紅白戦見てきました »